処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116376 - 動画像復号装置および動画像符号化装置

公開番号 WO/2020/116376
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046959
国際出願日 02.12.2019
IPC
H04N 19/119 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
102適応的符号化によって影響を受けるまたは制御される要素,パラメータまたは選択に特徴があるもの
119適応的な再分割の側面,例.長方形または非長方形符号化ブロックへのピクチャの再分割
H04N 19/167 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
134適応的符号化に影響を与えるまたはそれを制御する要素,パラメータまたは基準に特徴があるもの
167ビデオ画像内での位置,例.関心領域[2014.01]
H04N 19/176 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
169符号化ユニット,すなわち適応的符号化の主体または客体となるビデオ信号の構造的部分または意味的部分,に特徴があるもの
17ユニットが画像領域,例.オブジェクト,であるもの
176領域がブロック,例.マクロブロック,であるもの
H04N 19/186 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
10適応的符号化を用いるもの
169符号化ユニット,すなわち適応的符号化の主体または客体となるビデオ信号の構造的部分または意味的部分,に特徴があるもの
186ユニットがカラーまたはクロミナンスコンポーネントであるもの
H04N 19/70 2014.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
19デジタルビデオ信号を符号化,復号化,圧縮または伸張するための方法または装置
70ビデオ符号化に関連したシンタックス側面に特徴があるもの,例.圧縮標準規格に関連したもの
出願人
  • シャープ株式会社 SHARP KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 周 天洋 ZHOU, Tianyang
  • 猪飼 知宏 IKAI, Tomohiro
  • 佐々木 瑛一 SASAKI, Eiichi
  • 八杉 将伸 YASUGI, Yukinobu
代理人
  • 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
優先権情報
2018-22986407.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MOVING IMAGE DECODING DEVICE AND MOVING IMAGE ENCODING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE DÉCODAGE D'IMAGE ANIMÉE ET DISPOSITIF D'ENCODAGE D'IMAGE ANIMÉE
(JA) 動画像復号装置および動画像符号化装置
要約
(EN)
In the related art, there is an issue in which a processing delay increases due to chroma intra prediction in a small block in a case where separate trees are used in brightness and chroma, or in a case where brightness chroma prediction is used which includes multiplication in chroma intra prediction. In a case where two trees have differences in brightness and chroma, when an 8x8 brightness size block is used, qt_split_cu_flag is not decoded and is derived as 0, and when an 8x4/4x8 brightness size block is used, mtt_split_cu_flag is not decoded and is derived as 0. In addition, when the size of the target block is smaller than a prescribed size, a chroma intra mode is derived from any one among a DC, left direction prediction, or upper direction prediction.
(FR)
Dans l'état de la technique associé, il existe un problème selon lequel un retard de traitement augmente suite à l'intraprédiction de chrominance dans un petit bloc dans un cas où des arbres séparés sont utilisés pour la luminosité et la chrominance, ou dans un cas où une prédiction de chrominance et de luminosité est utilisée, prédiction qui comprend une multiplication dans l'intraprédiction de chrominance. Dans un cas où deux arbres ont des différences de luminosité et de chrominance, lorsqu'un bloc de luminosité de taille 8x8 est utilisé, qt_split_cu_flag n'est pas décodé et est dérivé comme étant 0, et lorsqu'un bloc de luminosité de taille 8x4/4x8 est utilisé, mtt_split_cu_flag n'est pas décodé et est dérivé comme étant 0. De plus, lorsque la taille du bloc cible est inférieure à une taille préétablie, un mode intra de chrominance est dérivé à partir d'un des modes suivants : DC, prédiction vers la gauche ou prédiction vers le haut.
(JA)
従来の輝度と色差で別のツリーを用いる場合や色差イントラ予測で乗算を含む輝度色差予測を用いる場合には、小ブロックにおける色差イントラ予測による処理遅延が大きくなるという課題がある。輝度と色差で異なる2つのツリーを用いる場合において、輝度サイズで8x8ブロックの場合にqt_split_cu_flagを復号せずに0と導出し、輝度サイズで8x4/4x8ブロックの場合にmtt_split_cu_flagを復号せずに0と導出することを特徴とする。また、対象ブロックのサイズが所定のサイズ未満の場合には、DC、左方向予測、上方向予測の何れか1つから色差イントラモードを導出する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報