処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116361 - 家畜における精子機能改善剤

公開番号 WO/2020/116361
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046930
国際出願日 02.12.2019
IPC
A61K 31/197 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
185酸;その無水物,ハロゲン化物または塩,例.硫黄の酸,イミド酸,ヒドラゾン酸,ヒドロキシム酸
19カルボン酸,例.バルプロ酸
195アミノ基を持つもの
197アミノ基とカルボキシル基とが同一の非環式の炭素鎖に結合しているもの,例.γ-アミノ酪酸(GABA),β-アラニン,ε-アミノカプロン酸,パントテン酸
A61K 31/22 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
21エステル,例.ニトログリセリン,セレノシアネート
215カルボン酸のエステル
22非環式酸のエステル,例.プラバスタチン
A61P 15/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
15生殖,性関連疾患の治療薬;避妊薬
A23K 20/105 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
K動物に特に適した飼料;その製造に特に適した方法
20飼料要素補足物質
10有機物
105脂肪族化合物または脂環式化合物
A23K 50/10 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
K動物に特に適した飼料;その製造に特に適した方法
50特定の動物に特に適合した飼料
10反芻動物用
出願人
  • ネオファーマジャパン株式会社 NEOPHARMA JAPAN CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 吉本 圭一郎 YOSHIMOTO, Keiichiro
  • 谷口 慎 TANIGUCHI, Shin
代理人
  • 廣田 雅紀 HIROTA, Masanori
優先権情報
2018-22661103.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SPERM FUNCTION IMPROVEMENT AGENT FOR LIVESTOCK
(FR) AGENT D'AMÉLIORATION DE L'EFFICACITÉ DES SPERMATOZOÏDES DESTINÉ AU BÉTAIL
(JA) 家畜における精子機能改善剤
要約
(EN)
Provided is a means for improving the function of sperm in male livestock, and improving the fertility of livestock. If 5-aminolevulinate is administered to male livestock by addition to fodder, the rate of malformations in sperm from males to which the 5-aminolevulinate was administered decreases.
(FR)
L'invention concerne un moyen qui permet d'améliorer l'efficacité des spermatozoïdes du bétail mâle, ainsi que la fertilité du bétail. Si le 5-aminolévulinate est administré au bétail mâle en l'ajoutant au fourrage, le taux de malformations des spermatozoïdes des mâles auxquels le 5-aminolévulinate a été administré diminue.
(JA)
本発明は、家畜の雄における精子の機能を改善し、家畜の受精率を向上させるための手段を提供することを課題とする。5-アミノレブリン酸を飼料に添加して家畜の雄に投与した場合に、投与した家畜の雄由来の精子の奇形率が減少する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報