処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116356 - ロボット、音声合成プログラム、及び音声出力方法

公開番号 WO/2020/116356
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046895
国際出願日 29.11.2019
IPC
G10L 13/00 2006.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
13音声の合成;テキストを音声に変換するシステム
G10L 13/08 2013.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
13音声の合成;テキストを音声に変換するシステム
08テキストから音声を合成するための,テキストの分析,またはパラメータの生成,例.表記素から音素への変換,韻律の生成または強勢またはイントネーションの決定
H04N 5/232 2006.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
5テレビジョン方式の細部
222スタジオ回路;スタジオ装置;スタジオ機器
225テレビジョンカメラ
232テレビジョンカメラを調整するための装置,例.遠隔制御
G10L 15/00 2013.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
G10L 15/10 2006.01
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
08音声の識別または探索
10未知音声と標準パタンとの距離または歪みを用いるもの
出願人
  • GROOVE X株式会社 GROOVE X, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 林 要 HAYASHI Kaname
  • ジョン ベルモンテ John BELMONTE
  • 小瀬 敦也 KOSE Atsuya
  • 松浦 雅也 MATSUURA Masaya
優先権情報
2018-22648903.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ROBOT, SPEECH SYNTHESIS PROGRAM, AND SPEECH OUTPUT METHOD
(FR) ROBOT, PROGRAMME DE SYNTHÈSE VOCALE ET PROCÉDÉ DE SORTIE VOCALE
(JA) ロボット、音声合成プログラム、及び音声出力方法
要約
(EN)
The purpose of this invention is to perform communication with reduced linguistic communication, in voice communication with another party by a robot outputting a voice. This robot 100 comprises: a sensing unit 52 which senses the external environment and generates an input signal; a phoneme acquisition unit 53 which acquires first phoneme information from a plurality of phonemes on the basis of the input signal; a phoneme generation unit 54 which generates second phoneme information which is different from the first phoneme information, on the basis of at least some of the phonemes contained in the first phoneme information; a voice synthesizing unit 55 which synthesizes voice in accordance with the second phoneme information; and a voice output unit 56 which outputs voice.
(FR)
La présente invention concerne l'établissement d'une communication avec une communication linguistique réduite lors d'une communication vocale avec une autre partie par un robot émettant une voix. Le robot 100 selon l'invention comprend : une unité de détection 52 qui détecte l'environnement externe et génère un signal d'entrée; une unité d'acquisition de phonème 53 qui acquiert des premières informations de phonème à partir d'une pluralité de phonèmes sur la base du signal d'entrée; une unité de génération de phonème 54 qui génère des secondes informations de phonème qui sont différentes des premières informations de phonème, sur la base d'au moins certains des phonèmes contenus dans les premières informations de phonème; une unité de synthèse vocale 55 qui synthétise la voix en fonction des secondes informations de phonème; et une unité de sortie vocale 56 qui émet la voix.
(JA)
ロボットが音声を出力することによる他者との音声コミュニケーションにおいて、言語コミュニケーションを軽減したコミュニケーションを行うことを目的とする。 ロボット100は、外部環境をセンシングして入力信号を生成するセンシング部52と、入力信号に基づいて複数の音韻からなる第1の音韻情報を取得する音韻取得部53と、第1の音韻情報に含まれる少なくとも一部の音韻に基づいて、第1の音韻情報とは異なる第2の音韻情報を生成する音韻生成部54と、第2の音韻情報に従って音声を合成する音声合成部55と、音声を出力する音声出力部56とを備えている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報