処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116343 - 複合材料製航空機用部品およびその製造方法

公開番号 WO/2020/116343
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046789
国際出願日 29.11.2019
IPC
B64F 5/10 2017.01
B処理操作;運輸
64航空機;飛行;宇宙工学
F航空機と関連して使用するのに特に適合した地上設備または航空母艦の甲板上の設備;他に分類されない航空機の設計,製作,組立,清掃,整備または修理;他に分類されない航空機部品の取り扱い,運搬,試験または検査
5航空機の設計,製作,組立,清掃,整備または修復に関するもので他に該当分類のないもの;他に分類されない航空機部品の取り扱い,運搬,試験または検査
10航空機の製作または組立,例.そのためのジグ
B29C 70/06 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
70複合材料,すなわち補強材,充填材あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物,の成形
04補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06繊維状の補強材のみ
B64C 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
64航空機;飛行;宇宙工学
C飛行機;ヘリコプタ
1胴体;胴体,翼,安定板,またはそれらと同様な構成要素の共通構造
B64C 1/06 2006.01
B処理操作;運輸
64航空機;飛行;宇宙工学
C飛行機;ヘリコプタ
1胴体;胴体,翼,安定板,またはそれらと同様な構成要素の共通構造
06フレーム;ストリンガ;縦通材
出願人
  • 川崎重工業株式会社 KAWASAKI JUKOGYO KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 島田 直樹 SHIMADA, Naoki
  • 中山 良博 NAKAYAMA, Yoshihiro
  • 越智 さやか OCHI, Sayaka
  • 金澤 昇平 KANAZAWA, Shouhei
  • 奥村 謙士郎 OKUMURA, Kenshirou
代理人
  • 特許業務法人 有古特許事務所 PATENT CORPORATE BODY ARCO PATENT OFFICE
優先権情報
2018-22650303.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITE MATERIAL-MADE AIRCRAFT COMPONENT AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) COMPOSANT D'AÉRONEF FABRIQUÉ EN MATÉRIAU COMPOSITE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 複合材料製航空機用部品およびその製造方法
要約
(EN)
This composite material-made aircraft component has: a laminate structure in which multiple composite material layers are laminated; and a curved structure which has varying circumferential lengths in the longitudinal direction. The laminate structure is maintained throughout the entire component inclusive of the curved structure. In each of the composite material layers, a reinforcement fiber is formed as a single continuous fiber that does not include any joining area, and the reinforcement fiber includes a partial cut therein. Further, the reinforcement fiber includes an open slit where the slit is in an open state.
(FR)
L'invention concerne un composant d'aéronef en matériau composite comprenant : une structure stratifiée dans laquelle sont stratifiées de multiples couches de matériau composite ; et une structure incurvée qui présente des longueurs circonférentielles variables dans la direction longitudinale. La structure stratifiée est maintenue dans la totalité du composant, y compris la structure incurvée. Dans chacune des couches de matériau composite, une fibre de renforcement est formée sous la forme d'une fibre continue unique qui ne comprend aucune zone de jonction, et la fibre de renforcement contient une découpe partielle. De plus, la fibre de renforcement comprend une fente ouverte là où la fente se trouve dans un état ouvert.
(JA)
複合材料製航空機用部品は、複合材料層が複数積層された積層構造を有するとともに、長手方向に周長差を有する湾曲構造を有する。積層構造は、湾曲構造を含む部品全体において保持される。それぞれの複合材料層では、強化繊維が、接合部を含まない単一の連続繊維で構成され、かつ、部分的な切込部を含み、さらに、強化繊維には、前記切込部が開いた状態である開切込部が含まれている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報