処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116330 - グルコースデヒドロゲナーゼ

公開番号 WO/2020/116330
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046686
国際出願日 29.11.2019
IPC
C12N 5/10 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C12N 1/15 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
15外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/19 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
16酵母;そのための培地
19外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 15/53 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
53酸化還元酵素(1)
C12Q 1/26 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
26酸化還元酵素を含むもの
出願人
  • 天野エンザイム株式会社 AMANO ENZYME INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 杉浦 敏行 SUGIURA Toshiyuki
  • 井戸 宏樹 IDO Hiroki
代理人
  • 萩野 幹治 HAGINO Mikiharu
優先権情報
2018-22858305.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLUCOSE DEHYDROGENASE
(FR) GLUCOSE DÉSHYDROGÉNASE
(JA) グルコースデヒドロゲナーゼ
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing FAD-GDH having high thermal stability and, in particular, having improved practical applicability as a glucose sensor. Provided is a glucose dehydrogenase having: (a) an amino acid sequence which shows at least 90% amino acid sequence identity with SEQ ID NO: 1 or SEQ ID NO: 13, and in which the amino acid corresponding to amino acid at position 429 of the amino acid sequence SEQ ID NO: 1 is phenylalanine (F); or (b) an amino acid sequence which shows at least 90% amino acid sequence identity with SEQ ID NO: 2 or SEQ ID NO: 14, and in which the amino acid corresponding to amino acid at position 429 of the amino acid sequence SEQ ID NO: 2 is phenylalanine (F). The relative remaining activity after a 10 minute treatment at 50°C is at least 50%.
(FR)
La présente invention permet de fournir une FAD-GDH ayant une stabilité thermique élevée et, en particulier, ayant une applicabilité pratique améliorée en tant que capteur de glucose. L'invention concerne une glucose déshydrogénase ayant : (A) une séquence d'acides aminés présentant au moins 90% d'identité de séquence d'acides aminés avec SEQ ID NO : 1 ou SEQ ID NO : 13, et dans laquelle l'acide aminé correspondant à l'acide aminé en position 429 de la séquence d'acides aminés SEQ ID NO : 1 est la phénylalanine (F); ou (b) une séquence d'acides aminés présentant au moins 90 % d'identité de séquence d'acides aminés avec SEQ ID NO : 2 et/ou SEQ ID NO: 14, et dans laquelle l'acide aminé correspondant à l'acide aminé en position 429 de la séquence d'acides aminés SEQ ID NO : 2 Est la phénylalanine (F). L'activité restante relative après un traitement de 10 minutes à 50 °C est d'au moins 50 %.
(JA)
熱安定性が高く、特にグルコースセンサ用としての実用性が向上したFAD-GDHを提供することを課題とする。(a)配列番号1又は配列番号13のアミノ酸配列に90%以上の同一性を示し、且つ配列番号1のアミノ酸配列の429位アミノ酸に相当するアミノ酸はフェニルアラニン(F)であるアミノ酸配列、又は(b)配列番号2又は配列番号14のアミノ酸配列に90%以上の同一性を示し、且つ配列番号2のアミノ酸配列の429位アミノ酸に相当するアミノ酸はフェニルアラニン(F)であるアミノ酸配列を有し、50℃で10分処理後の相対残存活性が50%以上である、グルコースデヒドロゲナーゼが提供される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報