処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116329 - クッション材、クッション材の製造方法、及び、座席シート

公開番号 WO/2020/116329
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046670
国際出願日 28.11.2019
IPC
A47C 27/00 2006.01
A生活必需品
47家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
Cいす;ソファー;寝台
27特にいす,ベッド,またはソファに使用されるスプリングマットレス,詰め物マットレスまたは流体マットレス
B33Y 10/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
B33Y 80/00 2015.01
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
80付加製造により製造された製品
B29C 64/10 2017.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
64付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物体の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 板橋 大一 ITABASHI Taichi
  • 米澤 泰輔 YONEZAWA Taisuke
  • ▲高▼橋 佳之 TAKAHASHI Yoshiyuki
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2018-22682303.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CUSHION MATERIAL, METHOD FOR MANUFACTURING CUSHION MATERIAL, AND SEAT FOR SITTING ON
(FR) MATIÈRE DE COUSSIN, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE MATIÈRE DE COUSSIN ET SIÈGE POUR S'ASSEOIR
(JA) クッション材、クッション材の製造方法、及び、座席シート
要約
(EN)
A cushion material 301 is used for a seat 300 for sitting on and is configured from flexible resin or rubber, wherein the cushion material 301 is provided with a porous structure 1 and a surface material 330 which configures at least a sitting person-side surface FS of the surface of the seat for sitting on and which is configured integrally with the porous structure.
(FR)
Une matière de coussin 301 est utilisée pour un siège 300 pour s'asseoir et est configurée à partir d'une résine ou d'un caoutchouc souple, la matière de coussin 301 est pourvue d'une structure poreuse 1 et d'une matière de surface 330 qui configure au moins une surface FS côté personne assise de la surface du siège pour s'asseoir, et qui est configurée d'un seul tenant avec la structure poreuse.
(JA)
クッション材301は、座席シート300に用いられ、可撓性のある樹脂又はゴムから構成された、クッション材であって、多孔質構造体1と、座席シートの表面のうち、少なくとも着座者側の表面FSを構成し、多孔質構造体と一体に構成された、表皮330と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報