処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116325 - 樹脂発泡体

公開番号 WO/2020/116325
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046666
国際出願日 28.11.2019
IPC
B29C 44/60 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
44材料の中で発生した内部圧による成形,例.膨張または発泡
34構成部品,細部,または付属装置;補助操作
60計量,制御,または調整
B29C 39/44 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
39注型成形,すなわち,型内または限定された表面間に成形材料を大きな圧力を加えないで導入する成形;そのための装置
22構成部品,細部または付属装置;補助操作
44計量,制御または調整
B29C 44/00 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
44材料の中で発生した内部圧による成形,例.膨張または発泡
B29K 105/04 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
KサブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
105,,
04,
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 飯塚 誠 IIZUKA Makoto
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2018-22682603.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RESIN FOAMED BODY
(FR) CORPS EN MOUSSE À BASE DE RÉSINE
(JA) 樹脂発泡体
要約
(EN)
A resin foamed body 1 is a resin foamed body made of a resin having flexibility. The resin foamed body is provided with a skeletal part 2 over entirety thereof. The skeletal part has a plurality of bone parts 2B and a plurality of joining parts 2J, each of which joins ends of the plurality of bone parts together. The plurality of bone parts are such that an average AV (A0/A1) of a ratio A0/A1 of a cross-sectional area A0 of an end 2B22 on a bone constant part side of a bone change part to a cross-sectional area A1 of an end 2B21 on a joining part side of the bone change part in each of the plurality of bone parts satisfies 0.15 ≤ AV (A0/A1) < 0.5.
(FR)
L'invention porte sur un corps en mousse à base de résine (1) qui est un corps en mousse à base de résine constitué d'une résine présentant une certaine flexibilité. Le corps en mousse à base de résine est pourvu d'une partie squelette sur sa totalité. La partie squelette comporte une pluralité de parties osseuses (2B) et une pluralité de parties de jonction (2J), chacune d'elles reliant les extrémités de la pluralité de parties osseuses entre elles. La pluralité de parties osseuses sont telles qu'une moyenne AV (A0/A1) d'un rapport A0/A1 d'une section transversale (A0) d'une extrémité (2B22) sur un côté de partie osseuse constante d'une partie de changement osseux à une section transversale (A1) d'une extrémité (2B21) sur un côté de partie de jonction de la partie de changement osseux dans chacune de la pluralité de parties osseuses satisfait la condition 0,15 ≤ AV (A0/A1) < 0,5.
(JA)
樹脂発泡体1は、可撓性のある樹脂から構成された樹脂発泡体であって、樹脂発泡体は、その全体にわたって、骨格部2を備えており、骨格部は、複数の骨部2Bと、それぞれ複数の骨部の端部どうしを結合する、複数の結合部2Jと、を有しており、複数の骨部は、複数の骨部のそれぞれにおける、骨変化部の結合部側の端2B21の断面積A1に対する、骨変化部の骨一定部側の端2B22の断面積A0の比A0/A1の平均値AV(A0/A1)が、 0.15≦AV(A0/A1)<0.5 を満たす。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報