処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116296 - 含フッ素ピリミジン化合物およびその製造方法

公開番号 WO/2020/116296
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046489
国際出願日 28.11.2019
IPC
C07D 401/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
401異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
022個の複素環を含有するもの
04環原子―環原子結合により直接結合しているもの
C07D 403/04 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
403異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,C07D401/00に属さない複素環式化合物
022個の複素環を含有するもの
04環原子―環原子結合により直接結合しているもの
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
C07D 239/34 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
2391,3―ジアジン環または水素添加した1,3―ジアジン環からなる複素環式化合物
02他の環と縮合していないもの
24環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有するもの
28異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子が環の炭素原子に直接結合したもの
321個の酸素原子,硫黄原子または窒素原子
341個の酸素原子
出願人
  • ユニマテック株式会社 UNIMATEC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 清野 淳弥 SEINO Junya
  • 青津 理恵 AOTSU Rie
  • 小金 敬介 KOKIN Keisuke
代理人
  • アインゼル・フェリックス=ラインハルト EINSEL Felix-Reinhard
  • 二宮 浩康 NINOMIYA Hiroyasu
  • 上島 類 UESHIMA Rui
優先権情報
2018-22988907.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUORINATED PYRIMIDINE COMPOUND AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) COMPOSÉ DE PYRIMIDINE FLUORÉ ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION ASSOCIÉ
(JA) 含フッ素ピリミジン化合物およびその製造方法
要約
(EN)
Provided are: a novel fluorinated pyrimidine compound having a substituent at position 4 and position 6, and a pyridine ring structure or a diazine ring structure at position 2; and a production method that enables easy production of the fluorinated pyrimidine compound. This fluorinated pyrimidine compound is represented by general formula (1), (2), (3), (4), (5), or (6). (In general formulas (1)-(6), R represents a hydrocarbon group having 1-12 carbon atoms, X and Y each independently represent a hydrogen atom, a halogen atom, a hydrocarbon group having 1-10 carbon atoms, -CnF2n+1 (n represents an integer of 1-10), a nitro group, a boronic acid group, -OA1, -SOmA1 (m represents an integer of 0-3), -NA1A2, -COOA1, or -CONA1A2, and A1 and A2 each independently represent a hydrogen atom or a hydrocarbon group having 1-10 carbon atoms.)
(FR)
L'invention concerne : un nouveau composé de pyrimidine fluoré ayant un substituant en position 4 et en position 6, et une structure cyclique de pyridine ou une structure cyclique de diazine en position 2 ; et un procédé de production permettant de produire de manière facile le composé de pyrimidine fluoré. Le composé de pyrimidine fluoré est représenté par la formule générale (1), (2), (3), (4), (5), ou (6). (Dans les formules générales (1) à (6), R représente un groupe hydrocarboné ayant de 1 à 12 atomes de carbone, X et Y représentent chacun indépendamment un atome d'hydrogène, un atome d'halogène, un groupe hydrocarboné ayant de 1 à 10 atomes de carbone, -CnF2n+1 (n représente un nombre entier de 1 à 10), un groupe nitro, un groupe acide boronique, -OA1, -SOmA1 (m représente un nombre entier de 0 à 3), -NA1A2, -COOA1 ou -CONA1A2 et A1 et A2 représentent chacun indépendamment un atome d'hydrogène ou un groupe hydrocarboné ayant de 1 à 10 atomes de carbone.)
(JA)
4位および6位に置換基を有し、2位にピリジン環構造またはジアジン環構造を有する、新規な含フッ素ピリミジン化合物、および、含フッ素ピリミジン化合物を簡易的に製造することが可能な製造方法を提供すること。 下記一般式(1)、(2)、(3)、(4)、(5)、または(6)で表される、含フッ素ピリミジン化合物。 (上記一般式(1)~(6)において、 Rは炭素数1~12の炭化水素基を表し、 XおよびYはそれぞれ独立して、水素原子、ハロゲン原子、炭素数1~10の炭化水素基、-C2n+1(nは1~10の整数である)、ニトロ基、ボロン酸基、-OA、-SO(mは0~3の整数である)、-NA、-COOA、または-CONAを表し、A、Aはそれぞれ独立して、水素原子または炭素数1~10の炭化水素基を表す。)
国際事務局に記録されている最新の書誌情報