処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116216 - 塗膜の形成方法

公開番号 WO/2020/116216
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/045887
国際出願日 22.11.2019
IPC
B05D 3/00 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
3液体または他の流動性材料を適用する表面の前処理;適用されたコーティングの後処理,例.液体または他の流動性材料を続いて適用することに先だってなされるすでに適用されたコーティングの中間処理
B05D 7/12 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
12皮革に適用するもの
A61Q 1/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
Q化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
A61K 8/34 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
30有機化合物を含むもの
33酸素を含むもの
34アルコール
A61K 8/72 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
72有機高分子化合物を含むもの
A61K 8/81 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
72有機高分子化合物を含むもの
81炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるもの
出願人
  • 花王株式会社 KAO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 福田 輝幸 FUKUDA, Teruyuki
代理人
  • 特許業務法人大谷特許事務所 OHTANI PATENT OFFICE
優先権情報
2018-23017207.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR FORMING COATING FILM
(FR) PROCÉDÉ DE FORMATION DE FILM DE REVÊTEMENT
(JA) 塗膜の形成方法
要約
(EN)
The present invention relates to a method for forming a coating film, the method comprising a step for coating skin with a liquid composition I containing solvent A, solvent B, and polymer C, wherein: the boiling point of the solvent A is less than 99 °C; the distance Ra of the Hansen solubility parameter of the solvent A with respect to water is 36 or less; the boiling point of the solvent B is 150 °C or higher; the distance Ra of the Hansen solubility parameter of the solvent B with respect to water is 40 or more; the solvent B is compatible with the solvent A; and the polymer C is soluble in the solvent A and insoluble in the solvent B.
(FR)
L'invention concerne un procédé de formation de film de revêtement qui inclut une étape au cours de laquelle une composition liquide (I) comprenant un solvant (A), un solvant (B) et un polymère (C) est appliquée sur la peau. Le point d'ébullition du solvant (A) est inférieur à 99°C. L'écart du paramètre de solubilité de Hansen (Ra) du solvant (A) vis-à-vis de l'eau est inférieur ou égal à 36. Le point d'ébullition du solvant (B) est supérieur ou égal à 150°C. L'écart du paramètre de solubilité de Hansen (Ra) du solvant (B) vis-à-vis de l'eau est supérieur ou égal à 40. Le solvant (B) est compatible avec le solvant (A). Le polymère (C) est soluble dans le solvant (A), mais n'est pas soluble dans le solvant (B).
(JA)
溶媒A、溶媒B、及びポリマーCを含有する液体組成物Iを皮膚に塗布する工程を含む、塗膜の形成方法であって、該溶媒Aの沸点が99℃未満であり、該溶媒Aの水に対するハンセン溶解度パラメータの距離Raが36以下であり、該溶媒Bの沸点が150℃以上であり、該溶媒Bの水に対するハンセン溶解度パラメータの距離Raが40以上であり、該溶媒Bが該溶媒Aと相溶し、かつ該ポリマーCが該溶媒Aに可溶で該溶媒Bに不溶である、塗膜の形成方法に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報