処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116212 - スピーカー振動板及びヘッドフォン

公開番号 WO/2020/116212
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/045861
国際出願日 22.11.2019
IPC
H04R 7/02 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
7電気機械変換器用振動板;コーン
02構造に特徴のあるもの
H04R 1/10 2006.01
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
10受話器口;その付属物
出願人
  • ヤマハ株式会社 YAMAHA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 中嶋 弘 NAKASHIMA Hiroshi
  • 佐野 常典 SANO Tsunenori
代理人
  • 天野 一規 AMANO Kazunori
優先権情報
2018-22873806.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SPEAKER DIAPHRAGM AND HEADPHONE
(FR) DIAPHRAGME DU HAUT-PARLEUR ET CASQUE D'ÉCOUTE
(JA) スピーカー振動板及びヘッドフォン
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a speaker diaphragm which is capable of suppressing a drop in vibration propagation speed while increasing the frequency reproduction range. A speaker diaphragm 1 according to one embodiment of the present invention is provided with a mixed layer 11 including a cellulose nanofiber and a polyparaphenylenebenzobisoxazole fiber.
(FR)
La présente invention aborde le problème relatif à la fourniture d'un diaphragme de haut-parleur qui est capable de supprimer une chute de vitesse de propagation de vibration tout en augmentant la plage de reproduction de fréquence. Un diaphragme de haut-parleur 1 selon un mode de réalisation de la présente invention est pourvu d'une couche mixte 11 comprenant une nanofibre de cellulose et une fibre de polyparaphénylène benzobisoxazole.
(JA)
本発明は、周波数の再生レンジを大きくしつつ、振動伝播速度の低下を抑制することができるスピーカー振動板の提供を課題とする。本発明の一態様に係るスピーカー振動板1は、セルロースナノファイバー及びポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール繊維を含む混抄層11を備える。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報