処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116166 - 配管構造及び空調機

公開番号 WO/2020/116166
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/045442
国際出願日 20.11.2019
IPC
F25B 41/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
41流体循環装置,例.蒸発器からボイラに流体を移送する装置(ポンプそれ自体,ポンプの密封装置F04)
F24F 1/30 2011.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24加熱;レンジ;換気
F空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
1空気調和のためのルームユニット,例.分離式または自納式のものあるいは中央装置から1次空気を受けるもの
06分離式室外ユニット,例.離れた室内ユニットに接続される圧縮機と熱交換器からなる室外ユニット
26冷媒用の配管
30分離式室外ユニットの内部で使用するもの
F16L 9/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
9剛性管
02金属製
06波形管
F16L 27/10 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
27調節可能継ぎ手;動きを許容する継ぎ手
10可撓接続のみからなるもの
F16L 55/04 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
55管または管系中にまたはそれと連結して用いられる装置または付属品
04流体の脈動または振動を減衰する装置
出願人
  • ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 末竹 樹 SUETAKE Itsuki
  • 菊野 智教 KIKUNO Tomonori
  • 西澤 孝行 NISHIZAWA Takayuki
  • 島崎 数喜 SHIMASAKI Kazuki
  • 大野 旭 OHNO Asahi
代理人
  • 特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS
優先権情報
2018-22908506.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PIPING STRUCTURE AND AIR-CONDITIONER
(FR) STRUCTURE DE TUYAUTERIE ET CLIMATISEUR
(JA) 配管構造及び空調機
要約
(EN)
One end of first piping (41) on a suction side is connected to a suction pipe (32) of a compressor (30). The other end of the first piping (41) is connected to second piping (42). The spring constant k1 of the first piping (41) and the spring constant k2 of the second piping (42) satisfy a condition of 100≤k2/k1.
(FR)
Selon l'invention, une extrémité d'une première tuyauterie (41) côté aspiration est raccordée à un tuyau d'aspiration (32) d'un compresseur (30). L'autre extrémité de la première tuyauterie (41) est raccordée à une seconde tuyauterie (42). La constante d'élasticité k1 de la première tuyauterie (41) et la constante d'élasticité k2 de la seconde tuyauterie (42) satisfont à la condition 100≤k2/k1.
(JA)
圧縮機(30)の吸入管(32)には、吸入側の第1配管(41)の一端部が接続されている。第1配管(41)の他端部には、第2配管(42)が接続されている。第1配管(41)のばね定数k1、第2配管(42)のばね定数k2が、100≦k2/k1という条件を満たしている。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報