処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116155 - タービン動翼、タービン及びチップクリアランス計測方法

公開番号 WO/2020/116155
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/045349
国際出願日 20.11.2019
IPC
F01D 5/20 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
12ブレード
14形状または構造
20チップとステータ間の間隙をシールするための特殊形状のブレードチップ
F01D 5/08 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
02ブレード支持部材,例.ロータ
08加熱,断熱または冷却手段
F01D 11/16 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
11作動流体の内部漏えいを防止または減少するための装置,例.各段間の漏えい防止
08ロータブレードチップと固定子との間の空間の密閉
14チップ間隙,すなわち,ロータブレードチップと固定子ケーシング間の距離,を調整または制御するもの
16自己調整手段によるもの
F01D 25/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
F02C 7/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7グループF02C1/00~F02C6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
F02C 7/28 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
Cガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7グループF02C1/00~F02C6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
28密封装置の配置
出願人
  • 三菱日立パワーシステムズ株式会社 MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 北田 宏樹 KITADA, Hiroki
  • 羽田 哲 HADA, Satoshi
  • 大友 宏之 OTOMO, Hiroyuki
  • 国貞 安將 KUNISADA, Yasumasa
代理人
  • 誠真IP特許業務法人 SEISHIN IP PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-22893706.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TURBINE ROTOR BLADE, TURBINE, AND CHIP CLEARANCE MEASUREMENT METHOD
(FR) PALE DE ROTOR DE TURBINE, TURBINE ET PROCÉDÉ DE MESURE DE JEU DE PUCE
(JA) タービン動翼、タービン及びチップクリアランス計測方法
要約
(EN)
A turbine rotor blade that comprises: a base end part that is fixed to a rotor shaft; and a blade part that includes a pressure surface, a suction surface, and a top surface that connects the pressure surface and the suction surface. The blade part has a cooling passage formed thereinside. The top surface of the turbine rotor blade includes: a leading edge region that is located on a leading edge side and is parallel to the rotor shaft of the turbine rotor blade; and a trailing edge region that is adjacent to the leading edge region of the turbine rotor blade. The trailing edge region has a sloped surface that slopes toward the radial-direction inside in the direction of a trailing edge.
(FR)
L'invention concerne une pale de rotor de turbine qui comprend : une partie d'extrémité de base qui est fixée à un arbre de rotor ; et une partie lame qui comprend une surface de pression, une surface d'aspiration et une surface supérieure qui relie la surface de pression et la surface d'aspiration. Un passage de refroidissement est formé à l'intérieur de la partie lame. La surface supérieure de la pale de rotor de turbine comprend : une région de bord d'attaque qui est située sur un côté bord d'attaque et est parallèle à l'arbre de rotor de la pale de rotor de turbine ; et une région de bord de fuite qui est adjacente à la région de bord d'attaque de la pale de rotor de turbine. La région de bord de fuite a une surface inclinée qui est inclinée vers la direction radiale à l'intérieur dans la direction d'un bord de fuite.
(JA)
タービン動翼は、ロータ軸に固定される基端部と、正圧面と負圧面と正圧面と負圧面とを接続する頂面とを含み内部に冷却流路が形成された翼型部と、を備え、タービン動翼頂面は、前縁側に位置しタービン動翼ロータ軸に平行に形成される前縁領域と、タービン動翼前縁領域に隣接する後縁領域とを含み、後縁領域は、後縁に近づくにつれて径方向内側に向かうように傾斜する傾斜面を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報