処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116122 - 可搬型電源

公開番号 WO/2020/116122
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/044760
国際出願日 14.11.2019
IPC
H01L 37/02 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
37異種材料の接合を持たない熱電装置;熱磁気装置,例.ネルンスト・エッチングハウゼン効果を利用するもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
02誘電率の温度変化を利用するもの,例.キューリー温度の上下で作動するもの
H01L 29/82 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
29整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部
66半導体装置の型
82装置に印加される磁界の変化によって制御可能なもの
H02N 11/00 2006.01
H電気
02電力の発電,変換,配電
N他類に属しない電機
11他に分類されない発電機または電動機;電気的または磁気的手段により永久運動を得たと主張するもの
出願人
  • 日本電気株式会社 NEC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 桐原 明宏 KIRIHARA Akihiro
  • 石田 真彦 ISHIDA Masahiko
  • 寺島 浩一 TERASHIMA Koichi
  • 岩崎 悠真 IWASAKI Yuma
  • 澤田 亮人 SAWADA Ryohto
  • 大森 康智 OMORI Yasutomo
代理人
  • 下坂 直樹 SHIMOSAKA Naoki
優先権情報
2018-22702404.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PORTABLE POWER SUPPLY
(FR) ALIMENTATION ÉLECTRIQUE PORTABLE
(JA) 可搬型電源
要約
(EN)
A portable power supply according to the present invention is provided with a combustion device (20) and a heating container (30) that retains an object to be heated, wherein at least a portion of a part of the heating container, said part being directly heated by the combustion device, is provided with a magnetic metal plate (32) that has spontaneous magnetization and that generates an electromotive force due to the anomalous Nernst effect induced by the heating, and wherein electrodes (33a, 33b) for drawing power are provided. Thus, the heating container for generating electricity has a simple configuration, and furthermore the portable power supply is provided with both this heating container and the combustion device.
(FR)
La présente invention concerne une alimentation électrique portable qui comporte un dispositif de combustion (20) et un récipient chauffant (30) qui retient un objet à chauffer, au moins une portion d'une partie du récipient chauffant, ladite partie étant chauffée directement par le dispositif de combustion, comportant une plaque de métal magnétique (32) qui a une magnétisation spontanée et qui génère une force électromotrice en raison de l'effet Nernst anormal induit par le chauffage, et des électrodes (33a, 33b) destinées à extraire de la puissance étant réalisées. Ainsi, le récipient chauffant destiné à générer de l'électricité a une conception simple, et par ailleurs l'alimentation électrique portable comporte aussi bien ce récipient chauffant que le dispositif de combustion.
(JA)
本発明の可搬型電源は、燃焼装置(20)と、加熱対象を保持する加熱容器(30)を備え、前記加熱容器は、前記燃焼装置によって直接加熱される箇所の少なくとも一部に、自発磁化を持ち、加熱により異常ネルンスト効果を発現して起電力が発生する磁性金属板(32)を備え、電力を取り出すための電極(33a、33b)を設けたことにより、発電する加熱容器の構造が簡単で、しかも加熱容器と燃焼装置の両方を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報