処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116017 - 複合材の設計方法および複合材

公開番号 WO/2020/116017
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039583
国際出願日 08.10.2019
IPC
B29C 70/54 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
70複合材料,すなわち補強材,充填材あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物,の成形
04補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
28そのための成形操作
54構成部品,細部または付属品;補助操作
B29C 70/06 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
70複合材料,すなわち補強材,充填材あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物,の成形
04補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06繊維状の補強材のみ
B29C 70/88 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
70複合材料,すなわち補強材,充填材あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物,の成形
88主として特定の性質を持つことによって特徴付けられた,例.電気の伝導性があるまたは局部的に強化された
出願人
  • 三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 橋爪 良輔 HASHIZUME, Ryosuke
  • 江崎 浩司 ESAKI, Kouji
  • 須原 正好 SUHARA, Masayoshi
  • 杉山 拓史 SUGIYAMA, Takushi
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2018-22848205.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DESIGN METHOD FOR COMPOSITE MATERIAL AND COMPOSITE MATERIAL
(FR) PROCÉDÉ DE CONCEPTION POUR MATÉRIAU COMPOSITE, ET MATÉRIAU COMPOSITE
(JA) 複合材の設計方法および複合材
要約
(EN)
This design method for a composite material comprises: a test step (step S2) in which a load is applied to the composite material to identify a fracture mode, from among fracture modes including a pull-out mode and modes other than the pull-out mode, in which a reinforced section is caused to fracture; and a layer configuration modifying step (steps S4 and S5) in which the composite material is formed by modifying a number of added layers and an alignment direction of reinforcing fibers in accordance with the identified fracture mode. The test step and the layer configuration modifying step are repeated until the fracture mode becomes the pull-out mode, thereby optimizing the layer configuration of the composite material layers in the reinforced section.
(FR)
L'invention concerne un procédé de conception pour un matériau composite comprenant : une étape de test (étape S2) dans lequel une charge est appliquée au matériau composite pour identifier un mode de fracture, parmi des modes de fracture comprenant un mode d'extraction et des modes autres que le mode d'extraction, dans lequel une section renforcée est amenée à se fracturer ; et une étape de modification de configuration de couches (étapes S4 et S5) dans laquelle le matériau composite est formé par modification d'un certain nombre de couches ajoutées et d'une direction d'alignement de fibres de renforcement conformément au mode de fracture identifié. L'étape de test et l'étape de modification de configuration de couches sont répétées jusqu'à ce que le mode de fracture devienne le mode d'extraction, ce qui optimise ainsi la configuration de couches des couches de matériau composite dans la section renforcée.
(JA)
複合材の設計方法は、複合材に荷重を付加して、補強部が、プルアウトモードとプルアウトモード以外のモードとを含む破壊モードのいずれで破壊されるかを特定する試験ステップ(ステップS2)と、特定された破壊モードに応じて追加層の積層数および前記強化繊維の配向方向を変更した前記複合材を形成する積層構成変更ステップ(ステップS4、S5)と、を備え、破壊モードがプルアウトモードとなるまで、試験ステップと積層構成変更ステップとを繰り返し実行して、補強部における複合材料層の積層構成を最適化する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報