処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020116003 - 揮発性有機化合物の処理方法および処理システム

公開番号 WO/2020/116003
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/038327
国際出願日 27.09.2019
IPC
B01D 53/86 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34廃ガスの化学的または生物学的浄化
74廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86触媒による方法
B01D 53/04 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
02吸着によるもの,例.分取ガスクロマトグラフィー
04吸着剤を静置したもの
B01D 53/96 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34廃ガスの化学的または生物学的浄化
96反応物質の再生,再活性化または再生利用
B01J 21/06 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
21マグネシウム,ほう素,アルミニウム,炭素,けい素,チタン,ジルコニウムまたはハフニウム,その酸化物または水酸化物からなる触媒
06けい素,チタン,ジルコニウムまたはハフニウム;その酸化物または水酸化物
B01J 38/06 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
38触媒の再生または再活性化一般
04ガスまたは蒸気処理;使用済触媒と接触するとき気化する液体を用いる処理
06蒸気を用いるもの
出願人
  • 太陽誘電株式会社 TAIYO YUDEN CO., LTD. [JP]/[JP]
  • パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 荒川 陽司 ARAKAWA Yoji
  • 岩▲崎▼ 智彦 IWASAKI Tomohiko
  • 竹田 隆裕 TAKEDA Takahiro
  • 吉越 篤 YOSHIKOSHI Atsushi
  • 港 良介 MINATO Ryosuke
  • 遠藤 広之 ENDOU Hiroyuki
代理人
  • 廣幸 正樹 HIROKOH Masaki
優先権情報
2018-22657603.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD AND SYSTEM FOR TREATING VOLATILE ORGANIC COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ ET SYSTÈME DE TRAITEMENT DE COMPOSÉ ORGANIQUE VOLATILE
(JA) 揮発性有機化合物の処理方法および処理システム
要約
(EN)
When an organic solvent containing a flammable solvent having high flammability is concentrated and burned, there is a risk of the occurrence of ignition during the concentration. A method for treating a volatile organic compound, characterized by comprising the steps of: adsorbing a stock gas containing the volatile organic compound onto a catalyst, reforming a portion of the stock gas with the catalyst and discharging a reformed gas; allowing steam to penetrate through the catalyst to detach an adsorbed component on the catalyst from the catalyst; and burning a mixed gas composed of the adsorbed component and the steam. According to the method, the adsorbed component on the catalyst can be detached from the catalyst together with the steam, and therefore the risk of the occurrence of ignition can be reduced.
(FR)
Lorsqu'un solvant organique contenant un solvant inflammable présentant une inflammabilité élevée est concentré et brûlé, il existe un risque de survenue d'une inflammation pendant la concentration. L'invention porte sur une procédé de traitement d'un composé organique volatil, caractérisé en ce qu'il comprend les étapes consistant à : adsorber un gaz de traçage contenant le composé organique volatil sur un catalyseur, reformer une partie du gaz de traçage avec le catalyseur et évacuer un gaz reformé ; permettre à la vapeur de pénétrer à travers le catalyseur pour détacher un composant adsorbé sur le catalyseur à partir du catalyseur ; et brûler un gaz mixte composé du composant adsorbé et de la vapeur. Selon le procédé, le composant adsorbé sur le catalyseur peut être détaché du catalyseur conjointement avec la vapeur, et par conséquent le risque d'apparition d'allumage peut être réduit.
(JA)
引火性の高い引火性溶剤を含む有機溶剤を濃縮して燃焼させる場合に、濃縮する際に発火する危険性があった。 揮発性有機化合物を含む原ガスを触媒に吸着させると共に、前記原ガスの一部を前記触媒で改質し放出する工程と、前記触媒に蒸気を通過させ、前記触媒の吸着成分を前記触媒から脱離させる工程と、前記吸着成分と前記蒸気の混合ガスを燃焼させる工程を有することを特徴とする揮発性有機化合物の処理方法は、触媒の吸着成分を蒸気と共に触媒から脱離させるので、発火の危険がすくなくなる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報