処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020115984 - 塗料組成物

公開番号 WO/2020/115984
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/036208
国際出願日 13.09.2019
IPC
C09D 133/08 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
133ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04エステルの単独重合体または共重合体
06炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
08アクリル酸エステルの単独重合体または共重合体
B05D 1/36 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1液体または他の流動性材料を適用する方法
36液体または他の流動性材料を連続的に適用するもの,例.中間処理がないもの
C09D 5/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
C09D 7/20 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7グループC09D5/00に分類されない塗料組成物の特色;塗料組成物に成分を混合するためのプロセス
20希釈剤または溶剤
C09D 7/42 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7グループC09D5/00に分類されない塗料組成物の特色;塗料組成物に成分を混合するためのプロセス
40添加物
42つや消し剤
C09D 7/61 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7グループC09D5/00に分類されない塗料組成物の特色;塗料組成物に成分を混合するためのプロセス
40添加物
60非高分子のもの
61無機物
出願人
  • 関西ペイント株式会社 KANSAI PAINT CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 村田 浩 MURATA, Hiroshi
  • 魚住 徹 UOZUMI, Toru
  • 大村 匡弘 OMURA, Masahiro
代理人
  • 青木 篤 AOKI, Atsushi
  • 三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji
  • 胡田 尚則 EBISUDA, Hisanori
  • 出野 知 DENO, Satoru
  • 高橋 正俊 TAKAHASHI, Masatoshi
優先権情報
2018-23022607.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COATING COMPOSITION
(FR) COMPOSITION DE REVÊTEMENT
(JA) 塗料組成物
要約
(EN)
The present invention provides a coating composition which has excellent trickle resistance and forms a coating film that exhibits excellent gloss stability. A coating composition which contains a hydroxyl group-containing acrylic resin (A), a polyisocyanate compound (B), a matting agent (C), an organic solvent (D1) and an organic solvent (D2), and which is characterized in that: the organic solvent (D1) has a boiling point within the range of 190-250°C and a solubility parameter of from 9 to 11 (inclusive); the organic solvent (D2) has a boiling point within the range of 100-140°C and a solubility parameter of 8 or more but less than 9; and with respect to the contents of the organic solvent (D1) and the organic solvent (D2) based on 100 parts by mass of the total solid content of the hydroxyl group-containing acrylic resin (A) and the polyisocyanate compound (B), the content of the organic solvent (D1) is within the range of 5-40 parts by mass and the content of the organic solvent (D2) is within the range of 35-75 parts by mass.
(FR)
La présente invention concerne une composition de revêtement qui présente une excellente résistance à la coulure et forme un film de revêtement qui présente un brillant remarquablement stable. La présente invention concerne une composition de revêtement qui contient une résine acrylique contenant des groupes hydroxyle (A), un composé de polyisocyanate (B), un agent de matité (C), un solvant organique (D1) et un solvant organique (D2), et qui est caractérisée en ce que : le solvant organique (D1) présente un point d'ébullition se situant dans la plage de 190 à 250 °C et un paramètre de solubilité variant de 9 à 11 (bornes incluses) ; le solvant organique (D2) présente un point d'ébullition se situant dans la plage de 100 à 140 °C et un paramètre de solubilité égal ou supérieur à 8, mais inférieur à 9 ; et en ce qui concerne les teneurs en solvant organique (D1) et en solvant organique (D2) pour 100 parties en masse de la teneur totale en matières solides de la résine acrylique contenant des groupes hydroxyle (A) et du composé de polyisocyanate (B), la teneur en solvant organique (D1) se situe dans la plage de 5 à 40 parties en masse et la teneur en solvant organique (D2) se situe dans la plage de 35 à 75 parties en masse.
(JA)
形成される塗膜の艶安定性に優れ、かつ、耐タレ性に優れる塗料組成物を提供する。 水酸基含有アクリル樹脂(A)、ポリイソシアネート化合物(B)、艶消し剤(C)、有機溶剤(D1)及び有機溶剤(D2)を含有する塗料組成物であって、該有機溶剤(D1)が、沸点が190~250℃の範囲内であり、かつ、溶解性パラメーターが9以上11以下の有機溶剤であり、該有機溶剤(D2)が、沸点が100~140℃の範囲内であり、かつ、溶解性パラメーターが8以上9未満の有機溶剤であり、該有機溶剤(D1)及び有機溶剤(D2)の含有量が、該水酸基含有アクリル樹脂(A)及びポリイソシアネート化合物(B)の合計固形分100質量部を基準として、有機溶剤(D1)の含有量が5~40質量部の範囲内であり、有機溶剤(D2)の含有量が35~75質量部の範囲内であることを特徴とする塗料組成物。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報