処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020115932 - 銅合金

公開番号 WO/2020/115932
公開日 11.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/023496
国際出願日 13.06.2019
IPC
C22C 9/06 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
06次に多い成分としてニッケルまたはコバルトを含むもの
C22C 9/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
02次に多い成分として錫を含むもの
出願人
  • 株式会社栗本鐵工所 KURIMOTO, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 平井 良政 HIRAI Yoshimasa
  • 小川 耕平 OGAWA Kouhei
  • 宍戸 了 SHISHIDO Ryo
  • 大塚 達哉 OTSUKA Tatsuya
代理人
  • 特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS
優先権情報
2018-22624803.12.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COPPER ALLOY
(FR) ALLIAGE CUIVREUX
(JA) 銅合金
要約
(EN)
This copper alloy contains from 7.0% by mass (exclusive) to 20.0% by mass of nickel, from 4.0% by mass to 20.0% by mass of tin and from 0.1% by mass to 1.0% by mass of sulfur, with the balance being made up of copper and unavoidable impurities.
(FR)
L'invention concerne un alliage cuivreux contenant de 7,0 % en masse (exclusivement) à 20,0 % en masse de nickel, de 4,0 % en masse à 20,0 % en masse d'étain et de 0,1 % en masse à 1,0 % en masse de soufre, le reste étant constitué de cuivre et des inévitables impuretés.
(JA)
銅合金は、ニッケルを7.0超~20.0質量%、スズを4.0~20.0質量%、及び硫黄を0.1~1.0質量%含有し、残分が銅と不可避的不純物である。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報