処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020111152 - 合わせガラスの中間膜用樹脂材料、合わせガラスの中間膜用フィルム材、及び合わせガラス

公開番号 WO/2020/111152
公開日 04.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/046441
国際出願日 27.11.2019
IPC
C03C 27/12 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10目的に特に適する接着物によるもの
12合わせガラス
B32B 17/10 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10合成樹脂の層に隣接したもの
B60J 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
J車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1窓;風防ガラス;そのための付属装置
C08L 29/14 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
29ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
14不飽和アセタールまたはケタールの重合によって,または不飽和アルコールの重合体の後処理によって得られるアセタールまたはケタールの単独重合体または共重合体
CPC
B32B 17/10
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
32LAYERED PRODUCTS
BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
17Layered products essentially comprising sheet glass, or glass, slag, or like fibres
06comprising glass as the main or only constituent of a layer, next to another layer of a specific ; material
10of synthetic resin
B60J 1/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
60VEHICLES IN GENERAL
JWINDOWS, WINDSCREENS, NON-FIXED ROOFS, DOORS, OR SIMILAR DEVICES FOR VEHICLES; REMOVABLE EXTERNAL PROTECTIVE COVERINGS SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLES
1Windows; Windscreens; Accessories therefor
C08L 29/14
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
29Compositions of homopolymers or copolymers of compounds having one or more unsaturated aliphatic radicals, each having only one carbon-to-carbon double bond, and at least one being terminated by an alcohol, ether, aldehydo, ketonic, acetal or ketal radical; Compositions of hydrolysed polymers of esters of unsaturated alcohols with saturated carboxylic acids; Compositions of derivatives of such polymers
14Homopolymers or copolymers of acetals or ketals obtained by polymerisation of unsaturated acetals or ketals or by after-treatment of polymers of unsaturated alcohols
出願人
  • 日立化成株式会社 HITACHI CHEMICAL COMPANY, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 高原 直己 TAKAHARA Naoki
  • 吉田 明弘 YOSHIDA Akihiro
  • 石川 栄作 ISHIKAWA Eisaku
  • ▲高▼橋 遼 TAKAHASHI Ryoh
  • 河村 美紅 KAWAMURA Miku
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori
  • 平野 裕之 HIRANO Hiroyuki
優先権情報
2018-22581330.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RESIN MATERIAL FOR LAMINATED GLASS INTERLAYER, FILM MATERIAL FOR LAMINATED GLASS INTERLAYER, AND LAMINATED GLASS
(FR) MATÉRIAU DE RÉSINE POUR COUCHE INTERMÉDIAIRE DE VERRE FEUILLETÉ, MATÉRIAU DE FILM POUR COUCHE INTERMÉDIAIRE DE VERRE FEUILLETÉ, ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラスの中間膜用樹脂材料、合わせガラスの中間膜用フィルム材、及び合わせガラス
要約
(EN)
Disclosed is a resin material for a laminated glass interlayer, which contains a thermoplastic resin including a polyvinyl acetal resin, and which may further contain a plasticizer. The ratio of the polyvinyl acetal resin in the thermoplastic resin is more than 85% by mass and no more than 100% by mass based on the quantity of the thermoplastic resin. The plasticizer content is 0-22% by mass based on the quantity of the polyvinyl acetal resin.
(FR)
L'invention concerne un matériau de résine pour une couche intermédiaire de verre feuilleté, qui contient une résine thermoplastique comprenant une résine d'acétal polyvinylique, et qui peut en outre contenir un plastifiant. Le rapport de la résine d'acétal polyvinylique dans la résine thermoplastique est supérieur à 85 % en masse et inférieur ou égal à 100 % en masse sur la base de la quantité de la résine thermoplastique. La teneur en plastifiant est de 0 à 22 % en masse sur la base de la quantité de la résine d'acétal polyvinylique.
(JA)
ポリビニルアセタール樹脂を含む熱可塑性樹脂を含有し、可塑剤を更に含有していてもよい、合わせガラスの中間膜用樹脂材料が開示される。熱可塑性樹脂におけるポリビニルアセタール樹脂の割合が、熱可塑性樹脂の量を基準として、85質量%を超えて100質量%以下である。可塑剤の含有量が、ポリビニルアセタール樹脂の量を基準として0~22質量%である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報