処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020110300 - 乳酸を生成するヒドロゲノフィラス属細菌形質転換体

公開番号 WO/2020/110300
公開日 04.06.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/044226
国際出願日 30.11.2018
IPC
C12N 15/09 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 15/53 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
53酸化還元酵素(1)
C12P 7/56 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
56乳酸
CPC
C12N 15/09
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING, OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
15Mutation or genetic engineering; DNA or RNA concerning genetic engineering, vectors, e.g. plasmids, or their isolation, preparation or purification; Use of hosts therefor
09Recombinant DNA-technology
C12P 7/56
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
7Preparation of oxygen-containing organic compounds
40containing a carboxyl group ; including Peroxycarboxylic acids
56Lactic acid
出願人
  • 株式会社CO2資源化研究所 UTILIZATION OF CARBON DIOXIDE INSTITUTE CO.,LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 湯川 英明 YUKAWA Hideaki
  • 大谷 直人 OHTANI Naoto
代理人
  • 多田 央子 TADA Eiko
  • 神野 直美 JINNO Naoyoshi
  • 上代 哲司 JODAI Tetsuji
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LACTIC ACID-PRODUCING TRANSFORMANT OF BACTERIUM OF GENUS HYDROGENOPHILUS
(FR) TRANSFORMANT PRODUISANT DE L'ACIDE LACTIQUE D'UNE BACTÉRIE DU GENRE HYDROGENOPHILUS
(JA) 乳酸を生成するヒドロゲノフィラス属細菌形質転換体
要約
(EN)
A transformant, which is obtained by introducing into a bacterium of the genus Hydrogenophilus (a) a lactate dehydrogenase gene and/or (b) a malate/lactate dehydrogenase gene, can efficiently produce lactic acid with the use of carbon dioxide as a sole carbon source. From the viewpoint of high lactic acid production efficiency, ldh genes of Parageobacillus thermoglucosidasius, Geobacillus kaustophilus and Thermus thermophilus are preferred among lactate dehydrogenase genes, and mldh gene of Thermus thermophilus and mldh-1 and mldh-2 genes of Meiothermus ruber are preferred among malate/lactate dehydrogenase genes.
(FR)
Transformant, étant obtenu par l'introduction dans une bactérie du genre Hydrogénophilus (a) d'un gène de lactate déshydrogénase et/ou (b) d'un gène de malate/lactate déshydrogénase, pouvant produire efficacement de l'acide lactique à l'aide de dioxyde de carbone comme unique source de carbone. Du point de vue de l'efficacité de production élevée d'acide lactique, les gènes ldh de Parageobacillus thermoglucosidasius, Geobacillus kaustophilus et Thermus thermophilus sont préférés parmi les gènes de lactate déshydrogénase, et mldh de Thermus thermophilus et mldh-1 et les gènes mldh-2 de la Meiothermus ruber sont préférés parmi les gènes de malate/lactate déshydrogénase.
(JA)
ヒドロゲノフィラス属細菌に、(a)乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子、及び/又は(b)リンゴ酸/乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子を導入することにより得られる形質転換体は、二酸化炭素を唯一の炭素源として利用して効率よく乳酸を製造することができる。乳酸製造効率が良い点で、乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子の中では、パラジオバチルス サーモグルコシダシウス、ジオバチルス カウストフィラス、又はサーマス サーモフィラスの各ldh遺伝子、リンゴ酸/乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子の中では、サーマス サーモフィラスのmldh遺伝子、メイオサーマス ルバーのmldh-1及びmldh-2遺伝子が好ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報