処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100974 - 吸音材

公開番号 WO/2020/100974
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/044680
国際出願日 14.11.2019
IPC
G10K 11/16 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
B60K 13/04 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
K車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の車両への配置または取付け;車両用の補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
13燃焼装置の通気口または推進装置の排気口に関する配置
04排気に関するもの
F01N 1/24 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
1消音方法によって特徴づけられた消音装置
24吸音物質を用いるもの
F02B 77/11 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
77構成部品,細部または付属品で他に分類されないもの
11断熱または遮音
F02B 77/13 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
77構成部品,細部または付属品で他に分類されないもの
11断熱または遮音
13遮音
G10K 11/168 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
162材料の選択
168異なる材料の複数の層,例.サンドイッチ状のもの
出願人
  • イビデン株式会社 IBIDEN CO., LTD. [JP]/[JP]
  • トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 河合 孝則 KAWAI, Takanori
  • 馬渕 知樹 MABUCHI, Tomoki
代理人
  • 特許業務法人 安富国際特許事務所 YASUTOMI & ASSOCIATES
優先権情報
2018-21565016.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOUND-ABSORBING MATERIAL
(FR) MATÉRIAU ABSORBANT ACOUSTIQUE
(JA) 吸音材
要約
(EN)
Provided is a sound-absorbing material having sound-absorbing performance such that the average sound absorption coefficient in a frequency domain of 800 to 5000 Hz is 0.70 or greater. This sound-absorbing material comprises a fiber layer in which a plurality of holes opened in the surface are formed, the sound-absorbing material characterized in that the fiber layer has a thickness of 3 mm or greater, an inorganic material layer containing a calcium-based material as the main component is formed in the surface of the fiber layer, the thickness of the inorganic material layer is 0.4 to 0.6 mm, the holes are bottomed holes that pass through the inorganic material layer and that have bottom parts in the fiber layer interior, and the depth of the holes is 50 to 90% of the thickness of the fiber layer.
(FR)
La présente invention concerne un matériau absorbant acoustique ayant une performance d'absorption acoustique telle que le coefficient d'absorption acoustique moyen dans un domaine fréquentiel de 800 à 5 000 Hz est de 0,70 ou plus. Le matériau absorbant acoustique de la présente invention comprend une couche de fibres dans laquelle une pluralité de trous ouverts dans la surface sont formés, le matériau absorbant acoustique étant caractérisé en ce que la couche de fibres a une épaisseur de 3 mm ou plus, une couche de matériau inorganique contenant un matériau à base de calcium en tant que constituant principal est formée dans la surface de la couche de fibres, l'épaisseur de la couche de matériau inorganique est de 0,4 à 0,6 mm, les trous sont des trous à fond qui traversent la couche de matériau inorganique et qui ont des parties de fond à l'intérieur de la couche de fibres, et la profondeur des trous représente 50 à 90 % de l'épaisseur de la couche de fibres.
(JA)
800~5000Hzの周波数領域における平均吸音率が、0.70以上である吸音性能を有する吸音材を提供する。 本発明の吸音材は、表面に開口した複数の孔が形成された繊維層からなる吸音材であって、上記繊維層は3mm以上の厚さを有し、上記繊維層の表面には、カルシウム系材料を主成分として含む無機材料層が形成されており、上記無機材料層の厚さは、0.4~0.6mmであり、上記孔は、上記無機材料層を貫通し、かつ、上記繊維層内部に底部を有する有底孔であり、上記孔の深さは、上記繊維層の厚さの50~90%であることを特徴とする。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報