処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100797 - 紡績糸

公開番号 WO/2020/100797
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/044075
国際出願日 11.11.2019
IPC
D02G 3/22 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
3糸またはより糸,例.飾り糸;他の類に分類されない糸またはより糸を製造するための方法および装置
22構造に特徴のある糸またはより糸
D02G 3/38 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
3糸またはより糸,例.飾り糸;他の類に分類されない糸またはより糸を製造するための方法および装置
22構造に特徴のある糸またはより糸
38繊維,フィラメント,または糸が他の糸またはフィラメントで巻かれているより糸
出願人
  • 株式会社豊田自動織機 KABUSHIKI KAISHA TOYOTA JIDOSHOKKI [JP]/[JP]
発明者
  • 富岡宏匡 TOMIOKA Hiromasa
代理人
  • 佐藤努 SATO Tsutomu
  • 伊東正樹 ITO Masaki
優先権情報
2018-21552716.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SPUN YARN
(FR) FILÉ
(JA) 紡績糸
要約
(EN)
A spun yarn (11) made of non-continuous reinforcing fibers (15) has a second fiber bundle layer (12), which deforms more easily in the direction of the center of the spun yarn (11) than a first fiber bundle layer (13), closer to the center of the spun yarn (11) than the first fiber bundle layer (13).
(FR)
L'invention concerne un filé (11) constitué de fibres de renforcement non continues (15), comportant une seconde couche de faisceau de fibres (12), qui se déforme plus facilement dans la direction du centre du filé (11) qu'une première couche de faisceau de fibres (13), plus proche du centre du filé (11) que la première couche de faisceau de fibres (13).
(JA)
非連続強化繊維(15)製の紡績糸(11)は、第1繊維束層(13)よりも紡績糸(11)の中心側に、第1繊維束層(13)に比べて紡績糸(11)の中心方向へ変形しやすい第2繊維束層(12)を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報