処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100788 - インスリン産生細胞の製造方法、及び組成物

公開番号 WO/2020/100788
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/044057
国際出願日 11.11.2019
IPC
C12N 5/071 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
C12N 5/077 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
C12N 5/0775 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
0775間葉系幹細胞;脂肪組織由来幹細胞
出願人
  • 株式会社片岡製作所 KATAOKA CORPORATION [JP]/[JP]
  • 京都府公立大学法人 KYOTO PREFECTURAL PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 戴 平 DAI Ping
  • 武田 行正 TAKEDA Yukimasa
  • 原田 義規 HARADA Yoshinori
  • 松本 潤一 MATSUMOTO Junichi
  • 草鹿 あゆみ KUSAKA Ayumi
代理人
  • 清水尚人 SHIMIZU Naoto
優先権情報
2018-21344914.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING INSULIN-PRODUCING CELLS, AND COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELLULES PRODUISANT DE L'INSULINE
(JA) インスリン産生細胞の製造方法、及び組成物
要約
(EN)
The main problem addressed by this invention is to provide a novel production method with which it is possible to efficiently directly transform or derive insulin-producing cells from somatic cells. The present invention is a method for producing insulin-producing cells by directly inducing differentiation from somatic cells, for example, and is characterized by including a step in which somatic cells are cultured in a serum-free medium for induction of differentiation, or is characterized by including a step in which somatic cells are cultured by having the medium for induction of differentiation contain at least 5 μg/mL of insulin. According to this invention, it is possible to directly and efficiently produce insulin-producing cells with a high insulin secretion capacity. The insulin-producing cells obtained by this invention are useful in regenerative medicine and the like.
(FR)
L'invention a pour but de fournir un nouveau procédé de production avec lequel il est possible de transformer directement ou de dériver efficacement des cellules produisant de l'insuline à partir de cellules somatiques. La présente invention porte sur un procédé de production de cellules produisant de l'insuline par induction directe de la différenciation à partir de cellules somatiques, par exemple, et se caractérise en ce qu'il comprend une étape dans laquelle des cellules somatiques sont cultivées dans un milieu sans sérum pour l'induction de la différenciation, ou se caractérise en ce qu'il comprend une étape dans laquelle des cellules somatiques sont cultivées et que le milieu pour l'induction de la différenciation contient au moins 5 μg/mL d'insuline. Selon la présente invention, il est possible de produire directement et efficacement des cellules produisant de l'insuline possédant une forte capacité de sécrétion d'insuline. Les cellules productrices d'insuline obtenues par la présente invention sont utiles pour une application dans la médecine régénérative et et analogues.
(JA)
体細胞からインスリン産生細胞への直接転換ないし誘導を効率的に行うことができる新たな製造方法を提供することを主な課題とする。 本発明として、例えば、体細胞から直接分化誘導することによりインスリン産生細胞を製造する方法であって、無血清の分化誘導用培地で体細胞を培養する工程を含むことを特徴とする、あるいは分化誘導用培地にインスリンを5μg/mL以上含有して体細胞を培養する工程を含むことを特徴とするインスリン産生細胞の製造方法を挙げることができる。 本発明によれば、インスリン分泌能の高いインスリン産生細胞を体細胞から直接効率的に製造することができる。本発明により得られたインスリン産生細胞は、再生医療などにおいて有用である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報