処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100759 - 撥水撥油層付き基材、蒸着材料および撥水撥油層付き基材の製造方法

公開番号 WO/2020/100759
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043962
国際出願日 08.11.2019
IPC
C23C 14/08 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
14被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
06被覆材料に特徴のあるもの
08酸化物
B32B 9/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9本質的にグループB32B11/00~B32B29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
B32B 27/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
B32B 27/30 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
30ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
C23C 14/06 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
14被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
06被覆材料に特徴のあるもの
C23C 14/24 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
14被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
22被覆の方法に特徴のあるもの
24真空蒸着
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 周 莅霖 ZHOU Lilin
  • 岩橋 万江美 IWAHASHI Maemi
  • 石関 健二 ISHIZEKI Kenji
  • 小平 広和 KODAIRA Hirokazu
  • 小林 大介 KOBAYASHI Daisuke
  • 穴澤 阿沙子 ANAZAWA Asako
  • 冨依 勇佑 TOMIYORI Yusuke
代理人
  • 特許業務法人T.S.パートナーズ T.S. PARTNERS
  • 泉名 謙治 SENMYO Kenji
  • 小川 利春 OGAWA Toshiharu
  • 金 鎭文 KIM Jin-Moon
  • 比企野 健 HIKINO Ken
  • 横井 大一郎 YOKOI Daiichiro
優先権情報
2018-21307213.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SUBSTRATE WITH WATER REPELLENT OIL REPELLENT LAYER, VAPOR DEPOSITION MATERIAL, AND METHOD FOR PRODUCING SUBSTRATE WITH WATER REPELLENT OIL REPELLENT LAYER
(FR) SUBSTRAT À COUCHE HYDROFUGE-OLÉOFUGE, MATÉRIAU DE DÉPÔT EN PHASE VAPEUR, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN SUBSTRAT À COUCHE HYDROFUGE-OLÉOFUGE
(JA) 撥水撥油層付き基材、蒸着材料および撥水撥油層付き基材の製造方法
要約
(EN)
The present invention provides: a substrate with a water repellent oil repellent layer, which has a water repellent oil repellent layer having excellent wear resistance; a vapor deposition material; and a method for producing a substrate with a water repellent oil repellent layer. A substrate with a water repellent oil repellent layer according to the present invention sequentially comprises a substrate, a base layer and a water repellent oil repellent layer in this order; the water repellent oil repellent layer is formed from a condensation product of a fluorine-containing compound that has a reactive silyl group; the base layer contains an oxide which contains silicon and at least one of boron and phosphorus; and the ratio of the total molar concentration of the boron and the phosphorus in the base layer to the molar concentration of the silicon in the base layer is 0.003-9.
(FR)
La présente invention concerne : un substrat ayant une couche hydrofuge-oléofuge, qui a une couche hydrofuge-oléofuge ayant une excellente résistance à l'usure ; un matériau de dépôt en phase vapeur ; et un procédé de production d'un substrat présentant une couche hydrofuge-oléofuge. Un substrat présentant une couche hydrofuge-oléofuge, selon la présente invention, comprend séquentiellement un substrat, une couche de base et une couche hydrofuge-oléofuge, dans cet ordre ; la couche hydrofuge-oléofuge est composée d'un produit de condensation d'un composé contenant du fluor qui a un groupe silyle réactif ; la couche de base contient un oxyde qui contient du silicium et du bore et/ou du phosphore ; et le rapport entre la concentration molaire totale du bore et du phosphore dans la couche de base et la concentration molaire du silicium dans la couche de base allant de 0,003 à 9.
(JA)
撥水撥油層の耐摩耗性に優れた撥水撥油層付き基材、蒸着材料および撥水撥油層付き基材の製造方法の提供。 本発明の撥水撥油層付き基材は、基材と、下地層と、撥水撥油層とをこの順で有する撥水撥油層付き基材であって、撥水撥油層は反応性シリル基を有する含フッ素化合物の縮合物からなり、下地層が、ケイ素と、ホウ素およびリンのうち少なくとも1種の元素と、を含む酸化物を含み、下地層中のケイ素のモル濃度に対する、下地層中のホウ素およびリンの合計モル濃度の比が、0.003~9である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報