処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100603 - 鋼管、軸受用鋼管、および鋼管の製造方法

公開番号 WO/2020/100603
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042661
国際出願日 30.10.2019
IPC
B21C 37/08 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
C圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,型材または類似の半製品の製造;実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業
37他に分類されない金属板,棒,線,管、型材または類似の半製品の製造;特殊形状管の製造
06管または金属ホースの製造;管製造のために組合わせた処置,例.多壁管の製造
08溶接またははんだ付作業による管の製造
B23K 13/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
13高周波電流加熱による溶接
C21D 9/08 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
08管状体およびパイプ用
C21D 9/50 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
50溶接継手部用
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C22C 38/16 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
16銅を含有するもの
出願人
  • 日鉄日新製鋼株式会社 NIPPON STEEL NISSHIN CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 秋月 誠 AKIDUKI, Makoto
  • 三町 翔平 MIMACHI, Shohei
代理人
  • 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
優先権情報
2018-21295513.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) STEEL PIPE, STEEL PIPE FOR BEARING, AND METHOD FOR PRODUCING STEEL PIPE
(FR) TUYAU D'ACIER, TUYAU D'ACIER POUR PALIER ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE TUYAU D'ACIER
(JA) 鋼管、軸受用鋼管、および鋼管の製造方法
要約
(EN)
A high-carbon steel pipe (1) with which it is possible to shorten the annealing time of a weld (3) is realized. The steel pipe (1) is formed by welding the edges of a steel plate or steel strip (2) containing 0.4-1.5 mass% of C, 0.03 mass% or less of P, and 0.3 mass% or less of Cu. The edges are welded at a welding temperature of 1200-1700°C, and the width of a bond part (4) is 0.2-1.2% with respect to the thickness of the steel plate or steel strip (2).
(FR)
L'invention concerne un tuyau en acier à haute teneur en carbone (1) avec lequel il est possible de raccourcir le temps de recuit d'une soudure (3). Le tuyau en acier (1) est formé par soudage des bords d'une plaque d'acier ou bande d'acier (2) contenant 0,4 à 1,5 % en masse de C, 0,03 % en masse ou moins de P et 0,3 % en masse ou moins de Cu. Les bords sont soudés à une température de soudage de 1 200 à 1 700 °C, et la largeur d'une partie de liaison (4) est de 0,2 à 1,2 % par rapport à l'épaisseur de la plaque d'acier ou bande d'acier (2).
(JA)
溶接部(3)の焼鈍時間を短縮することができる高炭素鋼管(1)を実現する。鋼管(1)は、C:0.4質量%以上1.5質量%以下、P:0.03質量%以下、およびCu:0.3質量%以下を含む鋼板または鋼帯(2)の端部を溶接することにより形成され、上記端部同士は、1200℃以上1700℃以下の溶接温度で溶接されており、ボンド部(4)の幅は、上記鋼板または鋼帯(2)の板厚に対し0.2%以上1.2%以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報