処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100481 - 脳オルガノイドの製造方法

公開番号 WO/2020/100481
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040001
国際出願日 10.10.2019
IPC
C12N 5/079 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
079神経系の細胞
A61K 35/30 2015.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35構造未知の物質またはその反応生成物を含有する医薬品製剤
12哺乳動物からの物質;特定されていない組織または細胞からなる組成物;非胚性幹細胞からなる組成物;遺伝子的に修飾された細胞
30神経;脳;眼;角膜細胞;脳脊髄液;神経幹細胞;神経前駆細胞;グリア細胞;オリゴデンドロサイト細胞;シュワン細胞;星状膠細胞;星状細胞;脈絡集網;脊髄組織
A61P 25/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25神経系疾患の治療薬
C12Q 1/06 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02生きた微生物を含むもの
04微生物の存在または種類の決定;抗生物質または殺細菌剤の試験のための選択培地の使用;そのための化学指示薬を含む組成物
06定量的な測定
出願人
  • JSR株式会社 JSR CORPORATION [JP]/[JP]
  • 学校法人慶應義塾 KEIO UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 平峯 勇人 HIRAMINE Hayato
  • 石川 充 ISHIKAWA Mitsuru
  • 岡野 栄之 OKANO Hideyuki
代理人
  • 松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi
  • 土屋 亮 TSUCHIYA Ryo
  • 春田 洋孝 HARUTA Hirotaka
優先権情報
2018-21493015.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING BRAIN ORGANOIDS
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ORGANOÏDES CÉRÉBRAUX
(JA) 脳オルガノイドの製造方法
要約
(EN)
A method for producing brain organoids comprising a step of culturing a neuroectoderm marker-positive cell aggregate in a culture medium that contains extracellular matrix at a concentration of more than 10 volume%.
(FR)
L'invention porte sur un procédé de production d'organoïdes cérébraux comprenant une étape de culture d'un agrégat cellulaire à marqueur positif neuroectodermique dans un milieu de culture contenant une matrice extracellulaire à une concentration supérieure à 10 % en volume.
(JA)
神経外胚葉マーカー陽性の細胞凝集塊を、濃度10体積%を超える細胞外マトリクスを含む培地中で培養する工程を有する、脳オルガノイドの製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報