処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020100466 - 組成物、光電変換素子および撮像装置

公開番号 WO/2020/100466
公開日 22.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039467
国際出願日 07.10.2019
IPC
H01L 51/42 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
42赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応に特に適用されるもの;輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するか,またはこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御するかのどちらかに特に適用されるもの
H01L 27/146 2006.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
271つの共通基板内または上に形成された複数の半導体構成部品または他の固体構成部品からなる装置
14赤外線,可視光,短波長の電磁波または粒子線輻射に感応する半導体構成部品で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御するかのどちらかに特に適用されるもの
144輻射線によって制御される装置
146固体撮像装置構造
H04N 5/33 2006.01
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
5テレビジョン方式の細部
30光または類似信号から電気信号への変換
33赤外線の変換
C07F 9/32 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
F炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
9周期表の第5族または第15族の元素を含有する化合物
02リン化合物
281個以上のP-C結合をもつもの
30ホスフィン酸(R↓2=P(:O)OH);チオホスフィン酸
32それらのエステル
出願人
  • パナソニックIPマネジメント株式会社 PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 飯島 浩章 IIJIMA Hiroaki
  • 平出 雅哉 HIRADE Masaya
  • 岸本 有子 KISHIMOTO Yuko
代理人
  • 鎌田 健司 KAMATA Kenji
  • 野村 幸一 NOMURA Koichi
優先権情報
2018-21595716.11.2018JP
2019-16558911.09.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITION, PHOTOELECTRIC CONVERSION ELEMENT AND IMAGING DEVICE
(FR) COMPOSITION, ÉLÉMENT DE CONVERSION PHOTOÉLECTRIQUE ET DISPOSITIF D'IMAGERIE
(JA) 組成物、光電変換素子および撮像装置
要約
(EN)
A composition according to one embodiment of the present invention contains a naphthalocyanine derivative represented by general formula (1). In the formula, each of R1-R8 independently represents an alkyl group; and each of R9-R12 independently represents an aryl group.
(FR)
Une composition selon un mode de réalisation de la présente invention contient un dérivé de naphthalocyanine représenté par la formule générale (1). Dans la formule, R1 à R8 représentent chacun indépendamment un groupe alkyle; et R9 à R12 représentent chacun indépendamment un groupe aryle.
(JA)
本開示の一態様に係る組成物は、下記一般式(1)で表されるナフタロシアニン誘導体を含む。但し、RからRは、それぞれ独立してアルキル基であり、RからR12は、それぞれ独立してアリール基である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報