処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020095978 - 多孔層構成体及びその製造方法

公開番号 WO/2020/095978
公開日 14.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043605
国際出願日 07.11.2019
IPC
B32B 5/18 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
18発泡材料または特に多孔性の材料を含む層を特徴とするもの
B32B 27/40 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
40ポリウレタンからなるもの
C08G 101/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
101発泡体の製造
C08J 9/26 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
26高分子組成物または物品から固相の除去,例.溶解
C08G 18/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
C08G 18/28 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
28活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
出願人
  • 大日精化工業株式会社 DAINICHISEIKA COLOR & CHEMICALS MFG. CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 鈴木 悠介 SUZUKI, Yusuke
  • 村川 達三 MURAKAWA, Tatsuzo
  • 佐々木 一弥 SASAKI, Kazuya
代理人
  • 田口 昌浩 TAGUCHI, Masahiro
  • 虎山 滋郎 TORAYAMA, Jiro
  • 伊藤 高志 ITO, Takashi
優先権情報
2018-21133709.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POROUS LAYER CONSTITUENT AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) CONSTITUANT DE COUCHE POREUSE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 多孔層構成体及びその製造方法
要約
(EN)
Provided is a porous layer constituent containing a base material and a polyurethane porous layer formed on the base material. The porous layer constituent is such that: the water vapor permeability A of the porous layer constituent measured according to JIS L1099 A-1 (calcium chloride method) is 2,000 to 10,000 g/(m2·24h); the rate of water vapor permeability loss obtained according to a predetermined formula from the water vapor permeability A and the water vapor permeability B of the base material alone measured according to JIS L1099 A-1 (calcium chloride method) is 75% or lower; and the peel strength at the joint surface between the base material and polyurethane porous layer is 0.7 kgf/inch or greater.
(FR)
L'invention concerne un constituant de couche poreuse contenant un matériau de base et une couche poreuse de polyuréthane formée sur le matériau de base. Le constituant de couche poreuse est tel que la perméabilité à la vapeur d'eau A du constituant de couche poreuse mesurée selon JIS L1099 A-1 (méthode du chlorure de calcium) est comprise entre 2 000 et 10 000 g/(m2·24h); le taux de perte de perméabilité à la vapeur d'eau obtenu selon une formule prédéterminée à partir de la perméabilité à la vapeur d'eau A et de la perméabilité à la vapeur d'eau B du matériau de base seul mesuré selon la norme JIS L1099 A-1 (méthode du chlorure de calcium)) est de 75 % ou moins; et la résistance au pelage au niveau de la surface de jonction entre le matériau de base et la couche poreuse de polyuréthane est de 0,7 kgf/pouce ou plus.
(JA)
基材と、該基材上に形成されてなるポリウレタン多孔層とを含む多孔層構成体であって、前記多孔層構成体をJIS L1099 A-1(塩化カルシウム法)により測定した透湿度Aが、2000~10000g/(m・24h)であり、前記基材単独をJIS L1099 A-1(塩化カルシウム法)により測定した透湿度Bと前記透湿度Aとから所定の式で得られる透湿度損失割合が75%以下であり、且つ基材及びポリウレタン多孔層の接合面における剥離強度が0.7kgf/inch以上である多孔層構成体である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報