処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020095908 - ダイヤフラム式電磁弁

公開番号 WO/2020/095908
公開日 14.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043323
国際出願日 05.11.2019
IPC
F16K 7/12 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
7ダイヤフラム締め切り装置,例.流路を閉鎖するために,全部は動かないが,変形される部材をもつもの
12平担,皿状,わん状,のダイヤフラム
F16K 7/14 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
7ダイヤフラム締め切り装置,例.流路を閉鎖するために,全部は動かないが,変形される部材をもつもの
12平担,皿状,わん状,のダイヤフラム
14平担弁座面に対して変形されるように配置されているもの
F16K 31/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
31操作手段;釈放装置
02電気;磁気
06磁石使用
出願人
  • 伸和コントロールズ株式会社 SHINWA CONTROLS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 市山 亮二 ICHIYAMA Ryoji
代理人
  • 田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro
  • 山本 泰史 YAMAMOTO Yasufumi
優先権情報
2018-20885206.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DIAPHRAGM-TYPE SOLENOID VALVE
(FR) ÉLECTROVANNE DE TYPE À MEMBRANE
(JA) ダイヤフラム式電磁弁
要約
(EN)
A diaphragm boss is prevented from falling out of a diaphragm when a moving core rises. The present invention is a diaphragm-type solenoid valve provided with a body part (10) having a diaphragm seating surface (12) in which a flow channel opens, a diaphragm (23) provided so as to sit on the diaphragm seating surface (12) of the body part (10), a diaphragm boss (22) that holds the diaphragm (23), a moving core (21) that holds the diaphragm boss (22), and a coil-accommodating part (40) that causes the diaphragm (23) to separate from the diaphragm seating surface (12) by applying electromagnetic force to the moving core (21) and causing the moving core to move in a direction away from the diaphragm seating surface (12), wherein the diaphragm (23) is integrated with the diaphragm (23) by sintering.
(FR)
L'invention aborde le problème d'empêcher un bossage de membrane de chuter d'une membrane lorsqu'un noyau mobile s'élève. La solution selon la présente invention porte sur une électrovanne de type à membrane comprenant une partie de corps (10) pourvue d'une surface d'assise de membrane (12) dans laquelle s'ouvre un canal d'écoulement, une membrane (23) disposée de manière à reposer sur la surface d'assise de membrane (12) de la partie de corps (10), un bossage de membrane (22) qui maintient la membrane (23), un noyau mobile (21) qui maintient le bossage de membrane (22) et une partie d'accueil de bobine (40) qui amène la membrane (23) à se séparer de la surface d'assise de membrane (12) en appliquant une force électromagnétique au noyau mobile (21) et en amenant le noyau mobile à se déplacer dans une direction opposée à la surface d'assise de membrane (12), la membrane (23) étant intégrée à la membrane (23) par frittage.
(JA)
移動コアの上昇の際にダイヤフラムボスがダイヤフラムから脱落してしま うことを防ぐ。本発明は、流路が開口するダイヤフラム着座面(12)を有する本体部(10)と、前記本体部(10)の前記ダイヤフラム着座面(12)に着座するように設けられたダイヤフラム(23)と、前記ダイヤフラム(23)を保持するダイヤフラムボス(22)と、前記ダイヤフラムボス(22)を保持する移動コア(21)と、前記移動コア(21)に対して電磁力を作用させ、当該移動コアを前記本体部の前記ダイヤフラム着座面(12)から離れる方向に移動させることで前記ダイヤフラム(23)を前記ダイヤフラム着座面(12)から離間させるコイル収容部(40)と、を備えたダイヤフラム式電磁弁であって、前記ダイヤフラム(23)は、前記ダイヤフラムボス(23)に焼付によって一体化されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報