処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020095891 - ランフラットタイヤ

公開番号 WO/2020/095891
公開日 14.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043278
国際出願日 05.11.2019
IPC
B60C 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
1化学的な組成または組成物の物理的配列または混合により特徴づけられるタイヤ
B60C 15/06 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
06フリッパストリップ,フィラーまたはチェーファストリップ
B60C 17/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
17損傷または空気抜け状態において,制限された運転ができるようにする手段に特徴があるタイヤ;その付属品
C08L 7/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
7天然ゴムの組成物
C08L 23/22 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
23ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02化学的な後処理によって変性されていないもの
184以上の炭素原子を有する炭化水素の単独重合体または共重合体
20炭素数が4~9のもの
22イソブテンの共重合体;ブチルゴム
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 山本 淳 YAMAMOTO, Atsushi
代理人
  • 特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO
優先権情報
2018-21029708.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RUN-FLAT TIRE
(FR) PNEU À AFFAISSEMENT LIMITÉ
(JA) ランフラットタイヤ
要約
(EN)
This run-flat tire is provided with: a pair of bead cores; a carcass that is provided across the pair of bead cores and that has ends locked with the bead cores; an inner liner provided on the tire inner surface side of the carcass and that has a diene rubber content not less than 20 mass% with respect to the total amount of rubber included in the inner liner; a side-reinforcing rubber layer that is provided between the inner liner and the carcass at the tire side portions so as to be in direct contact with the inner liner, and that extends in the tire radial direction along the inner surface of the carcass; and a belt layer that is provided outward in the tire radial direction of the carcass, and that has a cord and a cord-coating layer containing a resin and coating the cord; and a tread provided outward in the tire radial direction of the belt layer.
(FR)
L'invention concerne un pneu à affaissement limité pourvu : d'une paire de tringles ; d'une carcasse qui est disposée à travers la paire de tringles et qui a des extrémités verrouillées avec les tringles ; d'un revêtement interne disposé sur le côté surface interne du pneu de la carcasse et qui a une teneur en caoutchouc diénique qui n'est pas inférieure à 20 % en masse par rapport à la quantité totale de caoutchouc incluse dans le revêtement interne ; d'une couche de caoutchouc de renforcement latéral qui est disposée entre le revêtement interne et la carcasse au niveau des parties latérales du pneu de façon à être en contact direct avec le revêtement interne, et qui s'étend dans la direction radiale du pneu le long de la surface interne de la carcasse ; et d'une couche de ceinture qui est disposée vers l'extérieur dans la direction radiale du pneu de la carcasse et qui a un cordon et une couche de revêtement de cordon contenant une résine et recouvrant le cordon ; et d'une bande de roulement disposée vers l'extérieur dans la direction radiale du pneu de la couche de ceinture.
(JA)
一対のビードコアと、一対のビードコアに跨り、端部がビードコアに係止されたカーカスと、カーカスのタイヤ内面側に設けられたインナーライナーであって、インナーライナーに含まれるゴムの総量に対しジエン系ゴムの含有率が20質量%以上であるインナーライナーと、タイヤサイド部のカーカスとインナーライナーとの間にインナーライナーと直接接して設けられ、カーカスの内面に沿ってタイヤ径方向に延びるサイド補強ゴム層と、カーカスのタイヤ径方向外側に設けられ、コードとコードを被覆し樹脂を含むコード被覆層とを有するベルト層と、ベルト層のタイヤ径方向外側に設けられたトレッドと、を備えるランフラットタイヤ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報