処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020095877 - 有機重合体、それを含む組成物及びその製造方法

公開番号 WO/2020/095877
公開日 14.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043210
国際出願日 05.11.2019
IPC
C09D 175/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04ポリウレタン
C08G 18/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
C08G 18/12 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
08方法
10イソシアネートまたはイソチオシアネートと活性水素を有する化合物との最初の反応段階における反応を伴うプレポリマー法
12第一重合段階において活性水素を有する2またはそれ以上の化合物を用いるもの
C08G 18/28 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
28活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
C08G 18/32 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06活性水素を有する化合物との
28活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
30低分子量化合物
32ポリヒドロキシ化合物;ポリアミン;ヒドロキシアミン
出願人
  • DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 佐竹 直人 SATAKE Naoto
  • 永浜 定 NAGAHAMA Sadamu
代理人
  • 小川 眞治 OGAWA Shinji
優先権情報
2018-20890806.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ORGANIC POLYMER, COMPOSITION CONTAINING SAME AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) POLYMÈRE ORGANIQUE, COMPOSITION LE CONTENANT ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 有機重合体、それを含む組成物及びその製造方法
要約
(EN)
Conventional urethane resins having a hydroxy group sometimes fail to have sufficient peeling resistance from metal base materials. An organic polymer according to the present invention is a reaction product of (I) a reaction product of a urethane prepolymer (A) that has an isocyanate group and a compound (B) represented by formula (1), and (II) a polyamine compound; the urethane prepolymer (A) is a reaction product of a polyol (a1) and a polyisocyanate (a2); and the polyol (a1) contains a high molecular weight polyol (a1-1) and a low molecular weight polyol (a1-2). (In formula (1), each R1 independently represents a single bond or a hydrocarbon group having 1-10 carbon atoms; R2 represents a hydrocarbon group having 1-50 carbon atoms, and –CH2- contained in the hydrocarbon group may be substituted by –O-; and L1 represents –O-CO-O-.)
(FR)
Les résines d'uréthane classiques comportant un groupe hydroxy ne présentent parfois pas une résistance au pelage suffisante lorsqu'elles sont appliquées sur des matériaux de base métalliques. Un polymère organique selon la présente invention est un produit réactionnel (I) d'un produit réactionnel d'un prépolymère d'uréthane (A) qui comporte un groupe isocyanate et d'un composé (B) représenté par la formule (1), et (II) d'un composé de polyamine ; le prépolymère d'uréthane (A) est un produit réactionnel d'un polyol (a1) et d'un polyisocyanate (a2) ; et le polyol (a1) contient un polyol de poids moléculaire élevé (a1-1) et un polyol de faible poids moléculaire (a1-2). (Dans la formule (1), chaque R1 représente indépendamment une liaison simple ou un groupe hydrocarboné comportant de 1 à 10 atomes de carbone ; R2 représente un groupe hydrocarboné comportant de 1 à 50 atomes de carbone et le groupe CH2 présent dans le groupe hydrocarboné peut être substitué par O ; et L1 représente O-CO-O.)
(JA)
従来から知られるヒドロキシ基を有するウレタン樹脂では、金属基材からの耐剥離性が十分でない場合があった。本発明の有機重合体は、イソシアネート基を有するウレタンプレポリマー(A)及び式(1)で表される化合物(B)の反応物(I)と、ポリアミン化合物(II)との反応物であり、前記ウレタンプレポリマー(A)が、ポリオール(a1)とポリイソシアネート(a2)との反応物であり、前記ポリオール(a1)が、高分子量ポリオール(a1-1)及び低分子量ポリオール(a1-2)を含む。[式(1)中、R1は、それぞれ独立に、単結合又は炭素原子数1~10の炭化水素基を表す。R2は、炭素原子数1~50の炭化水素基を表し、前記炭化水素基に含まれる-CH2-は、-O-に置き換わっていてもよい。L1は、-O-CO-O-を表す。]
国際事務局に記録されている最新の書誌情報