処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020095498 - 処置方法、および医療デバイス

公開番号 WO/2020/095498
公開日 14.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/030910
国際出願日 06.08.2019
IPC
A61F 2/82 2013.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
82人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
A61F 2/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
02身体内への植込み式人工器官
A61F 2/06 2013.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
02身体内への植込み式人工器官
04器官の中空部分または管状部分,例.膀胱,気管,気管支または胆管
06血管
出願人
  • テルモ株式会社 TERUMO KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 河島 知美 KAWASHIMA, Satomi
代理人
  • 八田国際特許業務法人 HATTA & ASSOCIATES
優先権情報
2018-20831805.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TREATMENT METHOD AND MEDICAL DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE TRAITEMENT ET DISPOSITIF MÉDICAL
(JA) 処置方法、および医療デバイス
要約
(EN)
Provided are a method, for treating trigeminal neuralgia, that is minimally invasive and is very therapeutically effective, and a medical device that is used in said method for treating trigeminal neuralgia. The treatment method includes, while imaging the interior of the head of a patient, intravenously delivering a catheter to a blood vessel compressing the base of the trigeminal nerve and using the catheter to separate the blood vessel from the base of the trigeminal nerve.
(FR)
La présente invention concerne un procédé, de traitement de la névralgie trigéminale, qui est minimalement invasive et qui est très thérapeutiquement efficace, et un dispositif médical qui est utilisé dans ledit procédé pour traiter la névralgie trigéminale. Le procédé de traitement comprend, tout en imageant l’intérieur de la tête d’un·e patient·e, l’administration intraveineuse d’un cathéter à un vaisseau sanguin compressant la base du nerf trijumeau et l’utilisation du cathéter pour séparer le vaisseau sanguin de la base du nerf trijumeau.
(JA)
低侵襲かつ治療効果の高い三叉神経痛の処置方法、および三叉神経痛の処置方法に使用される医療デバイスを提供する。処置方法は、患者の頭部内を撮像しつつ、三叉神経の根本部を圧迫する血管までカテーテルを経血管的に送達し、前記カテーテルを使用して前記三叉神経の前記根本部から前記血管を離間させることを有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報