処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020091070 - オルタナティブオートファジー誘導剤を含む紫外線起因性炎症抑制剤

公開番号 WO/2020/091070
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043163
国際出願日 01.11.2019
IPC
A61K 45/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45A61K31/00~A61K41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A61K 8/9789 2017.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
96構造不明の物質またはその誘導体を含むもの
97藻類,菌類,地衣類または植物由来のもの;それらの派生物由来のもの
9783被子植物門
9789モクレン綱[2017.01]
A61K 8/9794 2017.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
96構造不明の物質またはその誘導体を含むもの
97藻類,菌類,地衣類または植物由来のもの;それらの派生物由来のもの
9783被子植物門
9794ユリ綱[2017.01]
A61K 36/185 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36藻類,地衣類,菌類もしくは植物またはそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤,例.伝統的生薬
18被子植物門
185モクレン網(双子葉植物)
A61K 36/28 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36藻類,地衣類,菌類もしくは植物またはそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤,例.伝統的生薬
18被子植物門
185モクレン網(双子葉植物)
28キク科,例.カモミール,ナツシロギク,ノコギリソウまたはエキナセア
A61K 36/38 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36藻類,地衣類,菌類もしくは植物またはそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤,例.伝統的生薬
18被子植物門
185モクレン網(双子葉植物)
38オトギリソウ科(ヒペリカムまたはマンゴスチン科),例.コモン・セントジヨーンズワート
出願人
  • 株式会社 資生堂 SHISEIDO COMPANY, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 長谷川 達也 HASEGAWA, Tatsuya
  • 中島 優哉 NAKASHIMA, Masaya
  • 宮井 雅史 MIYAI, Masashi
  • 清水 重臣 SHIMIZU, Shigeomi
  • 本田 真也 HONDA, Shinya
代理人
  • 青木 篤 AOKI, Atsushi
  • 三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji
  • 渡辺 陽一 WATANABE, Yoichi
  • 中島 勝 NAKAJIMA, Masaru
  • 武居 良太郎 TAKEI, Ryotaro
  • 津田 英直 TSUDA, Hidenao
優先権情報
2018-20758902.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ULTRAVIOLET LIGHT-INDUCED INFLAMMATION SUPPRESSOR COMPRISING ALTERNATIVE AUTOPHAGY INDUCER
(FR) AGENT SUPPRESSEUR DE L'INFLAMMATION INDUITE PAR LA LUMIÈRE ULTRAVIOLETTE COMPORTANT UN INDUCTEUR D'AUTOPHAGIE ALTERNATIF
(JA) オルタナティブオートファジー誘導剤を含む紫外線起因性炎症抑制剤
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing an ultraviolet light-induced inflammation suppressor. The present invention is based on the finding that an alternative autophagy (Atg5/Atg7-independent autophagy) participates in the suppression of ultraviolet light-induced inflammation. Thus, the above problem is solved by providing an alternative autophagy inducer.
(FR)
La présente invention a pour but de fournir un agent suppresseur de l'inflammation induite par la lumière ultraviolette. La présente invention découle de la découverte d'une autophagie alternative (autophagie indépendante de Atg5/Atg7) qui participe à la suppression de l'inflammation induite par la lumière ultraviolette. Ainsi, il est possible de fournir un agent inducteur de cette autophagie alternative.
(JA)
紫外線起因性炎症の抑制剤を提供することを課題とする。オルタナティブオートファジー(Atg5/Atg7非依存的オートファジー)が、紫外線起因性炎症の抑制に関与することを見出したことに基づいており、オルタナティブオートファジー誘導剤を提供することにより課題が解決される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報