処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020091055 - 留置針組立体および医療用弁

公開番号 WO/2020/091055
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043073
国際出願日 01.11.2019
IPC
A61M 5/158 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
M人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
5皮下,静脈内,筋肉内から,人体内に媒体を導入する装置;そのための付属装置,例.充填,または洗浄するための装置,肘掛け
14注入装置,例.重力による注入;血液の注入;そのための補助具
158
A61M 25/06 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
M人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
25カテーテル;中空探針
01カテーテルを導入,案内,前進,据え付けまたは保持するもの
06人体穿刺案内針または類似のもの
A61M 39/26 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
M人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
39医療用に特に適する管,管接続具,管継ぎ手,弁,接続部材または類似のもの
22弁または弁装置
26管の接続を断つと自動的に閉じ,再接続すると自動的に開く弁
出願人
  • ニプロ株式会社 NIPRO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 中神 裕之 NAKAGAMI, Hiroyuki
  • 阪本 慎吾 SAKAMOTO, Shingo
代理人
  • 特許業務法人笠井中根国際特許事務所 KASAI & NAKANE INTERNATIONAL PATENT FIRM
  • 笠井 美孝 KASAI, Yoshitaka
  • 中根 美枝 NAKANE, Mie
優先権情報
2018-20779002.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) INDWELLING NEEDLE ASSEMBLY AND MEDICAL VALVE
(FR) ENSEMBLE AIGUILLE À DEMEURE ET VALVE MÉDICALE
(JA) 留置針組立体および医療用弁
要約
(EN)
Provided is an indwelling needle assembly having a novel structure, which can open, without providing a special member in an outer needle hub, a slit of an elastic valve body when a male connector is connected. In an indwelling needle assembly 10 in which an inner needle 18 is inserted through an elastic valve body 78 having a slit 82 mounted on an outer needle hub 22, an inner locking claw 52 and an outer locking claw 68 provided at a proximal end of the outer needle hub 22 are locked by an inner locking groove 88 and an outer locking groove 90 formed in an outer peripheral portion of the elastic valve body 78, and the elastic valve body 78 is radially compressed by at least one among the inner locking claw 52 and the outer locking claw 68.
(FR)
L'invention concerne un ensemble aiguille à demeure ayant une nouvelle structure, qui peut ouvrir, sans avoir à fournir un élément spécial dans une embase d'aiguille externe, une fente d'un corps de valve élastique lorsqu'un connecteur mâle est connecté. Dans un ensemble aiguille à demeure (10) dans lequel une aiguille interne (18) est insérée à travers un corps de valve élastique (78) ayant une fente (82) montée sur une embase d'aiguille externe (22), une griffe de verrouillage interne (52) et une griffe de verrouillage externe (68) disposées au niveau d'une extrémité proximale de l'embase d'aiguille externe (22) sont verrouillées par une rainure de verrouillage interne (88) et une rainure de verrouillage externe (90) formées dans une partie périphérique externe du corps de valve élastique, lequel est radialement comprimé par au moins l'une des griffes parmi la griffe de verrouillage interne (52) et la griffe de verrouillage externe (68).
(JA)
外針ハブ内に特別な部材を設けることなく、雄コネクタの接続時に弾性弁体のスリットを開放することのできる、新規な構造の留置針組立体を提供する。 外針ハブ22に装着されたスリット82を有する弾性弁体78に内針18が挿通される留置針組立体10において、弾性弁体78の外周部分に形成された内側係止溝88と外側係止溝90に対して、外針ハブ22の基端に設けられた内側係止爪52と外側係止爪68が係止されていると共に、内側係止爪52と外側係止爪68の少なくとも一方によって弾性弁体78が径方向で圧縮されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報