処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020091036 - 経口投与用エダラボン懸濁剤

公開番号 WO/2020/091036
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/043013
国際出願日 01.11.2019
IPC
A61K 31/4152 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
33複素環式化合物
395環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
412個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
4151,2-ジアゾール
4152複素環に直接結合したオキソ基を持つもの,例.アンチピリン,フェニルブタゾン,スルフィンピラゾン
A61K 9/10 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
10分散剤;乳剤
A61K 47/32 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47使用する不活性成分,例.担体または不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤;活性成分と化学結合した標的剤または修飾剤
30高分子有機化合物または高分子無機化合物,例.無機ポリリン酸
32炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる高分子化合物,例.カルボマー
A61K 47/36 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47使用する不活性成分,例.担体または不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤;活性成分と化学結合した標的剤または修飾剤
30高分子有機化合物または高分子無機化合物,例.無機ポリリン酸
36多糖類;その誘導体,例.ガム,でんぷん,アルギン酸,デキストリン,ヒアルロン酸,キトサン,イヌリン,寒天またはペクチン
A61K 47/38 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47使用する不活性成分,例.担体または不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤;活性成分と化学結合した標的剤または修飾剤
30高分子有機化合物または高分子無機化合物,例.無機ポリリン酸
36多糖類;その誘導体,例.ガム,でんぷん,アルギン酸,デキストリン,ヒアルロン酸,キトサン,イヌリン,寒天またはペクチン
38セルロース;その誘導体
A61P 21/02 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21筋または神経筋系疾患の治療薬
02筋弛緩剤,例.持続性筋硬直,痙攣のためのもの
出願人
  • 田辺三菱製薬株式会社 MITSUBISHI TANABE PHARMA CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 羽山 哲夫 HAYAMA, Tetsuo
  • 高橋 朋弘 TAKAHASHI, Tomohiro
  • 大村 朋幸 OMURA, Tomoyuki
  • 林 昂司 HAYASHI, Kouji
  • 松田 宗智 MATSUDA, Munetomo
  • 宮澤 忠 MIYAZAWA, Tadashi
代理人
  • 山尾 憲人 YAMAO, Norihito
  • 新田 昌宏 NITTA, Masahiro
優先権情報
2018-20764602.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) EDARAVONE SUSPENSION FOR ORAL ADMINISTRATION
(FR) SUSPENSION D'ÉDARAVONE DESTINÉE À ÊTRE ADMINISTRÉE PAR VOIE ORALE
(JA) 経口投与用エダラボン懸濁剤
要約
(EN)
Provided is an edaravone suspension for oral administration that has excellent bioavailability. It is expected that burden on ALS patients and care workers can be reduced thereby.
(FR)
L'invention concerne une suspension d'édaravone destinée à être administrée par voie orale qui présente une excellente biodisponibilité. On suppose que la charge sur les patients atteints de SLA et sur les personnels de soins de santé peut ainsi être réduite.
(JA)
本発明によれば、優れたバイオアベイラビリティを有する経口投与用のエダラボン懸濁剤が提供され、ALS患者や介護者の負担を軽減することが期待できる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報