処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090974 - バイオセンサー

公開番号 WO/2020/090974
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042761
国際出願日 31.10.2019
IPC
C07K 7/06 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
7確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
06アミノ酸を5から11個含有するもの
C07K 14/71 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
1421個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435動物から;ヒトから
705レセプター;細胞表面抗原;細胞表面決定因子
71成長因子に対する;成長調節因子に対する
C07K 16/18 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
16免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
18動物またはヒトからの物質に対するもの
C07K 19/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
Kペプチド
19ハイブリッドペプチド
C12M 1/40 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M酵素学または微生物学のための装置
1酵素学または微生物学のための装置
40遊離,固定化または担体に結合した酵素を使用するために特に設計された装置,例.固定化酵素の流動床を有する装置
C12P 21/02 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21ペプチドまたは蛋白質の製造
022以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人
  • 国立大学法人東京工業大学 TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP]/[JP]
  • エージェンシー フォー サイエンス、テクノロジー アンド リサーチ AGENCY FOR SCIENCE, TECHNOLOGY AND RESEARCH [SG]/[SG]
発明者
  • 上田 宏 UEDA, Hiroshi
  • 蘇 九龍 SU, Jiulong
  • 北口 哲也 KITAGUCHI, Tetsuya
  • 大室 有紀 OHMURO, Yuki
  • ショーン フーン Shawn Hoon
  • サイラス ベー Cyrus Beh
代理人
  • 野村 健一 NOMURA, Kenichi
  • 間山 世津子 MAYAMA, Setsuko
優先権情報
2018-20762402.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BIOSENSOR
(FR) BIOCAPTEUR
(JA) バイオセンサー
要約
(EN)
To detect an antibody at a high sensitivity, provided is a biosensor for detecting an antibody binding to a peptide, said biosensor containing 1) a fused protein containing an enzyme mutant which is activated by multimer formation, a transmembrane domain and the aforesaid peptide and 2) a vesicle composed of a lipid membrane, characterized in that: A) the enzyme mutant is a mutant having a mutation introduced thereinto by which the binding affinity between monomers is lowered; B) the transmembrane domain penetrates through the lipid membrane of the vesicle; C) the enzyme mutant, which is activated by multimer formation, is exposed inside the vesicle; and D) the peptide is exposed outside the vesicle.
(FR)
L'invention a pour objet de détecter un anticorps avec une sensibilité élevée; l'invention concerne un biocapteur permettant de détecter une liaison d'anticorps à un peptide, ledit biocapteur contenant 1) une protéine fusionnée contenant un mutant enzymatique activé par formation de multimère, un domaine transmembranaire et le peptide susmentionné et 2) une vésicule composée d'une membrane lipidique, caractérisé en ce que : A) le mutant enzymatique est un mutant ayant une mutation introduite dans celui-ci au moyen duquel l'affinité de liaison entre les monomères est abaissée; B) le domaine transmembranaire pénètre à travers la membrane lipidique de la vésicule; C) le mutant enzymatique activé par formation de multimère, est exposé à l'intérieur de la vésicule; et D) le peptide est exposé à l'extérieur de la vésicule.
(JA)
高感度で抗体を検出することを目的として、ペプチドに結合する抗体を検出するためのバイオセンサーであって、1)多量体の形成により活性化する酵素の変異体と膜貫通ドメインと前記ペプチドとを含有する融合タンパク質、及び2)脂質膜から構成される小胞を含み、A)前記酵素の変異体は単量体間の結合親和性を低下させる変異が導入された変異体であること、B)前記膜貫通ドメインは前記小胞の脂質膜を貫通すること、C)前記多量体の形成により活性化する酵素の変異体は前記小胞の内部に露出すること、及びD)前記ペプチドは前記小胞の外部に露出することを特徴とするバイオセンサーを提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報