処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090940 - ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)産生用の組換え宿主細胞及びベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)の新規製造方法

公開番号 WO/2020/090940
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042694
国際出願日 30.10.2019
IPC
C12N 1/15 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
15外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/19 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
14菌類;そのための培地
16酵母;そのための培地
19外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 1/21 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 15/52 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
出願人
  • 国立大学法人神戸大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOBE UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • ヴァヴリッカ ジュニア クリストファー ジョン VAVRICKA JR. Christopher John
  • 蓮沼 誠久 HASUNUMA Tomohisa
  • 荒木 通啓 ARAKI Michihiro
  • 近藤 昭彦 KONDO Akihiko
代理人
  • 特許業務法人 津国 TSUKUNI & ASSOCIATES
優先権情報
2018-20390430.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RECOMBINANT HOST CELL FOR PRODUCING BENZYLISOQUINOLINE ALKALOID (BIA) AND NOVEL METHOD FOR PRODUCING BENZYLISOQUINOLINE ALKALOID (BIA)
(FR) CELLULE HÔTE RECOMBINANTE POUR LA PRODUCTION D'ALCALOÏDE BENZYLISOQUINOLINE (BIA) ET NOUVEAU PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ALCALOÏDE BENZYLISOQUINOLINE (BIA)
(JA) ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)産生用の組換え宿主細胞及びベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)の新規製造方法
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a recombinant host cell which is capable of efficiently and easily producing a benzylisoquinoline alkaloid (BIA), in particular, tetrahydropapaveroline, 3-hydroxycoclaurine, 3-hydroxy-N-methylcoclaurine and/or reticuline, and a method for efficiently and easily producing these BIAs using the host cell. The present invention pertains to a recombinant host cell for producing a benzylisoquinoline alkaloid (BIA), in particular, tetrahydropapaveroline (THP), 3-hydroxycoclaurine, 3-hydroxy-N-methylcoclaurine and/or reticuline, in which a wild-type aromatic aldehyde synthase (AAS) or a mutant thereof and a wild-type aromatic amino acid decarboxylase (AAAD) or a mutant thereof are expressed.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir une cellule hôte recombinante étant capable de produire efficacement et facilement un alcaloïde benzylisoquinoline (BIA), en particulier, la tétrahydropapavéroline, la 3-hydroxycoclaurine, la 3-hydroxy-N-méthylcoclaurine et/ou la réticuline, et un procédé pour produire efficacement et facilement ces BIA à l'aide de la cellule hôte. La présente invention porte sur une cellule hôte recombinante pour produire un alcaloïde benzylisoquinoline (BIA), en particulier, la tétrahydropapavéroline (THP), la 3-hydroxycoclaurine, la 3-hydroxy-N-méthylcoclaurine et/ou la réticuline, dans laquelle une aldéhyde synthase aromatique de type sauvage (AAS) ou un mutant correspondant et une décarboxylase d'acide aminé aromatique de type sauvage (AAAD) ou un mutant correspondant sont exprimées.
(JA)
本発明は、ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)、中でもテトラヒドロパパベロリン、3-ヒドロキシコクラウリン、3-ヒドロキシ-N-メチルコクラウリン及び/又はレチクリンを効率的かつ容易に生産することができる組換え宿主細胞を提供すること、そしてその宿主細胞を用いて効率的かつ容易にこれらを製造する方法を提供することを目的とする。 本発明は、芳香族アルデヒドシンターゼ(AAS)、芳香族アミノ酸脱炭酸酵素(AAAD)の、野生型又は変異体を発現させた、ベンジルイソキノリンアルカロイド(BIA)、中でも特にテトラヒドロパパベロリン(THP)、3-ヒドロキシコクラウリン、3-ヒドロキシ-N-メチルコクラウリン及び/又はレチクリン産生用の組換え宿主細胞である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報