処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090871 - がん治療のための腫瘍溶解性ウイルス

公開番号 WO/2020/090871
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042526
国際出願日 30.10.2019
IPC
A61K 48/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A61P 35/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
P化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35抗腫瘍剤
A61K 35/763 2015.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35構造未知の物質またはその反応生成物を含有する医薬品製剤
66微生物または微生物からの物質
76ウイルス;サブウイルス粒子;バクテリオファージ
763ヘルペスウイルス
C12N 7/01 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
7ウイルス,例.バクテリオファージ;それを含む組成物;その調製または精製
01外来遺伝物質の導入によって修飾されたウイルス,例.バクテリオファージ
C12N 15/869 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
63ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
79真核宿主に特に適合するベクターまたは発現システム
85動物細胞用
86ウイルスベクター
869ヘルペスウイルスベクター
出願人
  • 国立大学法人東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP]/[JP]
発明者
  • 内田 宏昭 UCHIDA Hiroaki
  • 田原 秀晃 TAHARA Hideaki
代理人
  • 奥原 康司 OKUHARA Koji
  • 関本 澄人 SEKIMOTO Sumito
優先権情報
2018-20355330.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ONCOLYTIC VIRUS FOR CANCER THERAPY
(FR) VIRUS ONCOLYTIQUE POUR LE TRAITEMENT DU CANCER
(JA) がん治療のための腫瘍溶解性ウイルス
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of developing a virus preparation that comprises an oncolytic HSV (herpes simplex virus), said oncolytic HSV having more efficient cancericidal activity in vivo compared to the antitumor effect of conventional oncolytic HSVs. More specifically, provided are a virus preparation for cancer therapy that comprises an HSV having a receptor-targeted gD mutation and at least one membrane fusion activity promotion domain on the genome, and a cancer therapy method using the virus preparation.
(FR)
La présente invention cherche à résoudre le problème qui est de développer une préparation de virus qui comprenne un VHS (virus Herpes simplex) oncolytique , ledit VHS oncolytique ayant une activité cancéricide plus efficace in vivo en comparaison avec l'effet antitumoral de VHS oncolytiques classiques. Plus spécifiquement, l'invention concerne une préparation virale pour le traitement du cancer comprenant un VHS présentant au niveau de son génome une mutation gD ciblée sur le récepteur et au moins un domaine de promotion de l'activité de fusion membranaire, et une méthode de traitement du cancer utilisant la préparation virale.
(JA)
本発明は、in vivoにおいて、既存の腫瘍溶解性HSVの抗腫瘍効果と比較して、より効果的な殺がん細胞活性を有する腫瘍溶解性HSVを含有するウイルス製剤の開発を課題とする。具体的には、ゲノム上に受容体標的化gD変異および少なくとも1つの膜融合活性促進領域を持つHSV(herpes simplex virus)を含む、がんの治療のためのウイルス製剤および当該ウイルス製剤を用いたがんの治療法である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報