処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090822 - 核酸の非特異結合抑制剤、ハイブリダイゼーション用試薬および核酸のハイブリダイゼーション方法

公開番号 WO/2020/090822
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042394
国際出願日 29.10.2019
IPC
C12N 15/11 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
C12Q 1/6832 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6813ハイブリダイゼーションアッセイ
6832ハイブリダイゼーション反応の促進
C12Q 1/6876 2018.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6876核酸分析で使用される核酸産物,例.プライマーまたはプローブ
出願人
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 芹澤 崇 SERIZAWA, Takashi
代理人
  • 特許業務法人谷川国際特許事務所 TANIGAWA AND PARTNERS, PATENT FIRM
優先権情報
2018-20403630.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) INHIBITOR OF NON-SPECIFIC BINDING OF NUCLEIC ACID, HYBRIDIZATION REAGENT AND NUCLEIC ACID HYBRIDIZATION METHOD
(FR) INHIBITEUR DE LIAISON NON SPÉCIFIQUE D'ACIDE NUCLÉIQUE, RÉACTIF D'HYBRIDATION ET PROCÉDÉ D'HYBRIDATION D'ACIDE NUCLÉIQUE
(JA) 核酸の非特異結合抑制剤、ハイブリダイゼーション用試薬および核酸のハイブリダイゼーション方法
要約
(EN)
Disclosed are: a non-specific binding inhibitor, which efficiently inhibits cross hybridization between a target nucleic acid and a nucleic acid having a sequence similar to the complementary chain thereof in the case of detecting the target nucleic acid by hybridization and the qualities of which are consistent from production lot to production lot; and a nucleic acid hybridization method using the non-specific binding inhibitor. The inhibitor of non-specific binding of nucleic acid comprises a nucleic acid that has a base length of 2-11 bases and shows a guanine or methylated guanine content of 70% or greater relative to the total base sequence.
(FR)
L'invention concerne : un inhibiteur de liaison non spécifique, qui inhibe efficacement l'hybridation croisée entre un acide nucléique cible et un acide nucléique présentant une séquence similaire à celle de la chaîne complémentaire correspondante dans le cas de la détection de l'acide nucléique cible par hybridation et dont les qualités sont cohérentes d'un lot de production à l'autre ; et un procédé d'hybridation d'acide nucléique utilisant l'inhibiteur de liaison non spécifique. L'inhibiteur de liaison non spécifique d'acide nucléique comprend un acide nucléique qui présente une longueur de base de 2-11 bases et qui présente une teneur en guanine ou en guanine méthylée de 70 % ou plus par rapport à la totalité de la séquence de bases.
(JA)
要約 ハイブリダイゼーションによって標的核酸を検出する際に、標的核酸とその類似配列相補鎖を有する核酸との間のクロスハイブリダイゼーションを効果的に抑制し、かつ、製造ロット間での品質が安定した非特異結合抑制剤、及びそれを用いた核酸のハイブリダイゼーション方法が開示されている。核酸の非特異結合抑制剤は、塩基長が2~11塩基であって、全塩基配列中のグアニン塩基又はメチル化グアニン塩基の含有率が70%以上である核酸を含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報