処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090759 - 冷凍サイクル装置

公開番号 WO/2020/090759
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042221
国際出願日 28.10.2019
IPC
F25B 1/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
C09K 5/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
5伝熱,熱交換または蓄熱用物質,例.冷媒;燃焼以外の化学反応によって熱または冷気を発生させるための物質
02使用時に物理的状態の変化を伴う物質
04液体から気体またはその逆の状態変化によるもの
F25B 41/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
41流体循環装置,例.蒸発器からボイラに流体を移送する装置(ポンプそれ自体,ポンプの密封装置F04)
出願人
  • 株式会社富士通ゼネラル FUJITSU GENERAL LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 板倉 俊二 ITAKURA, Shunji
  • 小峰 健治 KOMINE, Kenji
  • 田中 順也 TANAKA, Junya
  • 近藤 将弘 KONDO, Masahiro
  • 船田 和也 FUNADA, Kazuya
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2018-20305629.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) REFRIGERANT CYCLE DEVICE
(FR) DISPOSITIF À CYCLE DE FLUIDE FRIGORIGÈNE
(JA) 冷凍サイクル装置
要約
(EN)
According to the present invention, an air-conditioning device (1) comprises a refrigerant circuit (1a) in which circulate a refrigerator oil and a mixed refrigerant that includes at least 20 wt% of a low-GWP refrigerant that includes at least one of: a refrigerant that has a carbon-carbon bond that is not a single bond as a bond between carbon atoms; a refrigerant that has a single bond between a carbon and a halogen element that has a molecular weight that is greater than ten times the molecular weight of carbon; and a refrigerant that has an ether linkage. When the inside surface area of connection piping that forms the refrigerant circuit (1a) is to be at least 0.6 m2, a material that does not contain nickel is used as the material for a metal member that forms the refrigerant circuit.
(FR)
Selon la présente invention, un dispositif de climatisation (1) comprend un circuit de fluide frigorigène (1a) dans lequel circulent une huile de réfrigérateur et un fluide frigorigène mélangé qui comprend au moins 20 % en poids d'un fluide frigorigène à faible GWP qui comprend au moins l'un parmi: un fluide frigorigène qui a une liaison carbone-carbone qui n'est pas une liaison simple en tant que liaison entre des atomes de carbone; un fluide frigorigène qui a une liaison simple entre un carbone et un élément halogène qui a un poids moléculaire qui est supérieur à dix fois le poids moléculaire du carbone; et un fluide frigorigène qui a une liaison éther. Lorsque la zone de surface interne de la tuyauterie de raccordement qui forme le circuit de fluide frigorigène (1a) doit être d'au moins 0,6 m2, un matériau qui ne contient pas de nickel est utilisé en tant que matériau pour un élément métallique qui forme le circuit de fluide frigorigène.
(JA)
空気調和装置(1)は、炭素原子間の結合として単結合以外の炭素間結合を持つ冷媒、炭素の10倍を超えた原子量のハロゲン族元素と炭素との単結合を持つ冷媒、エーテル結合を持つ冷媒、のうち、少なくとも一つを含む低GWP冷媒を20重量%以上含む混合冷媒と、冷凍機油が内部を循環する冷媒回路(1a)を備える。冷媒回路(1a)を形成する金属部材は、冷媒回路を形成する接続配管の管内表面積が0.6m以上となる場合において、冷媒回路を形成する金属部材の材料として、ニッケルを含まない材料を使用する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報