処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090717 - 窓部材

公開番号 WO/2020/090717
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/042135
国際出願日 28.10.2019
IPC
C03C 3/083 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3ガラスの組成物
04シリカを含むもの
076重量比で40%から90%シリカを有するもの
083酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
B32B 17/06 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
B32B 17/10 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10合成樹脂の層に隣接したもの
B60J 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
J車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1窓;風防ガラス;そのための付属装置
C03C 27/12 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10目的に特に適する接着物によるもの
12合わせガラス
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 奥田 崚太 OKUDA Ryota
  • 定金 駿介 SADAKANE Shunsuke
  • ▲角▼田 純一 KAKUTA Junichi
  • 加賀谷 修 KAGAYA Osamu
  • 黒岩 裕 KUROIWA Yutaka
  • 澤村 茂輝 SAWAMURA Shigeki
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-20567431.10.2018JP
2019-18328903.10.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) WINDOW MEMBER
(FR) ÉLÉMENT DE FENÊTRE
(JA) 窓部材
要約
(EN)
The present invention pertains to a window member comprising: a first glass plate having a thickness of at least 1.1 mm; and a radio wave permeable member that faces the main surface of the first glass plate. In a region provided with the radio wave permeable member in plan view, the transmittance T(F) of a radio wave which has a frequency F(GHz) and which enters the main surface of the first glass plate at an incidence angle of 67.5° satisfies a formula (1), within the range of 60GHz≤F≤100GHz. Formula 1: T(F)>-0.0061×F+0.9384
(FR)
La présente invention concerne un élément de fenêtre comprenant : une première vitre ayant une épaisseur d'au moins 1,1 mm; et un élément perméable aux ondes radio, en regard de la surface principale de la première vitre. Dans une région pourvue de l'élément perméable aux ondes radio en vue en plan, le facteur de transmission T(F) d'une onde radio qui a une fréquence F(GHz) et qui pénètre dans la surface principale de la première vitre selon un angle d'incidence de 67,5° satisfait à la formule (1) dans la plage 60GHz≤F≤100GHz. Formule 1 : T(F)>-0,0061×F+0,9384
(JA)
本発明は、厚さ1.1mm以上の第1のガラス板と、第1のガラス板の主表面と対向する電波透過部材と、を備え、平面視において電波透過部材を備える領域に、第1のガラス板の主表面に対して67.5°の入射角で入射する周波数F(GHz)の電波の透過率T(F)が、60GHz≦F≦100GHzの範囲で下記式(1)を満足する窓部材に関する。 T(F)>-0.0061×F+0.9384 ・・・(1)
国際事務局に記録されている最新の書誌情報