処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090552 - 金属板被覆用フィルム及び樹脂被覆金属板

公開番号 WO/2020/090552
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041355
国際出願日 21.10.2019
IPC
C08J 5/18 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
18フイルムまたはシートの製造
B29C 55/04 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
55延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02板またはシートの
04一軸延伸,例.斜め方向の
B29C 55/14 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
55延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02板またはシートの
10多軸延伸
12二軸延伸
14逐次二軸延伸
B29C 61/02 2006.01
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
61内部応力の解放による成形;内部応力を有する予備成形体の製造;そのための装置
02熱収縮
B32B 15/08 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
出願人
  • JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 藤本 聡一 FUJIMOTO, Soichi
  • 大島 安秀 OSHIMA, Yasuhide
  • 小島 克己 KOJIMA, Katsumi
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2018-20480831.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FILM FOR COATING METAL PLATE AND RESIN-COATED METAL PLATE
(FR) FILM POUR REVÊTIR UNE PLAQUE MÉTALLIQUE ET PLAQUE MÉTALLIQUE REVÊTUE DE RÉSINE
(JA) 金属板被覆用フィルム及び樹脂被覆金属板
要約
(EN)
This film for coating a metal plate is characterized in that: the ratio of the Young's modulus EMD in the machine direction to the the Young's modulus ETD in the transverse direction, namely (EMD/ETD) is within the range of from 1.1 to 4.0 (inclusive); and the thermal shrinkage at 200°C as measured by a thermomechanical analyzer is 20% or less in both the machine direction and the transverse direction. It is preferable that the sum of the Young's modulus EMD in the machine direction and the the Young's modulus ETD in the transverse direction, namely (EMD + ETD) is within the range of from 3,000 MPa to 12,000 MPa (inclusive). It is also preferable that the lowest melting peak temperature Tm1 is within the range of from 210°C to 280°C (inclusive).
(FR)
L'invention concerne un film pour le revêtement d'une plaque métallique, caractérisé en ce que : le rapport du Module de Young EMD dans la direction machine au module de Young ETD dans la direction transversale, à savoir (EMD/ETD), se situe dans la plage de 1,1 à 4,0 (valeurs extrêmes incluses) ; et le retrait thermique à 200°C tel que mesuré par un analyseur thermomécanique est inférieur ou égal à 20 %, à la fois dans la direction machine et dans la direction transversale. Il est préférable que la somme du module de Young EMD dans la direction machine et du module de Young ETD dans la direction transversale, à savoir (EMD + ETD), se situe dans la plage de 3000 MPa à 12 000 MPa (valeurs extrêmes incluses). Il est également préférable que la température du pic de fusion le plus bas Tm1 soit située dans la plage allant de 210°C à 280°C (valeurs extrêmes incluses).
(JA)
本発明に係る金属板被覆用フィルムは、幅方向のヤング率ETDに対する長手方向のヤング率EMDの比(EMD/ETD)が1.1以上4.0以下の範囲内にあり、熱機械分析装置によって測定される200℃での熱収縮率が長手方向及び幅方向のいずれも20%以下であることを特徴とする。長手方向のヤング率EMDと幅方向のヤング率ETDの和(EMD+ETD)が3000MPa以上12000MPa以下の範囲内にあることが望ましい。最も低温側に存在する融解ピーク温度Tm1が210℃以上280℃以下の範囲内にあることが望ましい。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報