処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090530 - マイクロカプセル組成物およびその製造方法、それを含有する農薬製剤および雑草防除方法

公開番号 WO/2020/090530
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/041199
国際出願日 18.10.2019
IPC
A01N 25/28 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
26被覆された微粒子状の形態のもの
28マイクロカプセル
A01M 21/00 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
21不要植物,例.雑草,の除草装置
A01N 43/80 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺微生物剤,殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
72異項原子として窒素原子および酸素または硫黄原子を有する環をもつもの
801個の窒素原子と1個の酸素原子または1個の硫黄原子とを1,2の位置に有する5員環
A01P 13/00 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
13除草剤;殺藻剤
B01J 13/16 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
13コロイド化学,例.他に分類されないコロイド状物質またはそれらの溶液の生成;マイクロカプセルまたはマイクロバルーンの製造
02マイクロカプセルまたはマイクロバルーンの製造
06相分離によるもの
14重合,架橋結合
16界面重合
出願人
  • クミアイ化学工業株式会社 KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 岡田 優也 OKADA Yuya
代理人
  • 本多 一郎 HONDA Ichiro
優先権情報
2018-20575531.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MICROCAPSULE COMPOSITION, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, AGROCHEMICAL FORMULATION COMPRISING SAME AND WEED CONTROL METHOD
(FR) COMPOSITION DE MICROCAPSULE AINSI QUE PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELLE-CI, PRÉPARATION DE PESTICIDE COMPRENANT CELLE-CI, ET PROCÉDÉ DE DÉSHERBAGE
(JA) マイクロカプセル組成物およびその製造方法、それを含有する農薬製剤および雑草防除方法
要約
(EN)
Provided are a microcapsule composition capable of reducing or preventing chemical injury on useful plants by pyroxasulfone, a method for manufacturing the same, an agrochemical formulation comprising the same and a weed control method. A method for manufacturing a microcapsule composition in which pyroxasulfone is encapsulated, said method being characterized by comprising: an emulsification and dispersion step for high-speed stirring pyroxasulfone crystal grains, isocyanate, an oily phase and an aqueous phase at a circumferential velocity of 6,000-30,000 mm/s and thus emulsifying and dispersing the oily phase in the aqueous phase to thereby form emulsion grains of the oily phase; and a film formation step for forming a film at least on the surface of the emulsion grains of the oily phase formed in the emulsification and dispersion step.
(FR)
L’invention fournit une composition de microcapsule permettant de réduire ou de prévenir la phytotoxicité d’un pyroxasulfone sur les plantes utiles ainsi qu’un procédé de fabrication de celle-ci, une préparation de pesticide comprenant ladite composition, et un procédé de désherbage. Plus précisément, l’invention concerne notamment un procédé de fabrication d’une composition de microcapsule encapsulant un pyroxasulfone. Ce procédé de fabrication est caractéristique en ce qu’il inclut une étape d’émulsion/dispersion au cours de laquelle un isocyanate, une phase huileuse et une phase aqueuse sont brassés à grande vitesse à une vitesse périphérique comprise entre 6000 et 30000mm/s, ainsi ladite phase huileuse est émulsionnée et dispersée dans ladite phase aqueuse, et des particules d’émulsion de phase huileuse sont formées, et une étape de formation de film au cours de laquelle un film est formé au moins à la surface des particules d’émulsion de phase huileuse ainsi formées à ladite étape d’émulsion/dispersion.
(JA)
ピロキサスルホンによる有用植物の薬害を軽減または防止することができるマイクロカプセル組成物およびその製造方法、それを含有する農薬製剤、および、雑草防除方法を提供するものである。ピロキサスルホンを封入したマイクロカプセル組成物の製造方法であって、ピロキサスルホンの結晶粒子と、イソシアネートと、油性相と、水性相と、を周速6,000~30,000mm/sで高速攪拌することにより、前記水性相中に前記油性相を乳化分散し、油性相の乳化粒子を形成する乳化分散工程と、前記乳化分散工程にて形成された油性相の乳化粒子の少なくとも表面に膜を形成させる膜形成工程と、を含むことを特徴とする、マイクロカプセル組成物の製造方法等である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報