処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090504 - 機械加工用治具及び機械加工方法、並びにシームレス缶体の製造方法

公開番号 WO/2020/090504
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/040934
国際出願日 17.10.2019
IPC
B21D 22/28 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
22型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20深しぼり
28連続するダイスを用いる円筒状の物品のもの
B21D 37/01 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
37このサブクラスに包含される機械の部品としての工具(その作業のための適切なグループ中における特殊な作業に独特に適用される工具の形状または構造)
01材料の選択
B21D 37/18 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
37このサブクラスに包含される機械の部品としての工具(その作業のための適切なグループ中における特殊な作業に独特に適用される工具の形状または構造)
18潤滑
B21D 51/26 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
51中空体の製造
16対象物の用途に特徴のあるもの
26缶または錫缶;缶または錫缶の永久的な密封
出願人
  • 東洋製罐グループホールディングス株式会社 TOYO SEIKAN GROUP HOLDINGS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 城石 亮蔵 SHIROISHI Ryozo
  • 松本 尚也 MATSUMOTO Naoya
  • 島村 真広 SHIMAMURA Masahiro
  • 熊谷 拓甫 KUMAGAI Takuho
  • 小川 智裕 OGAWA Tomohiro
代理人
  • 特許業務法人太田特許事務所 OHTA PATENT OFFICE
優先権情報
2018-20482331.10.2018JP
2018-20493531.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MACHINING JIG, MACHINING METHOD, AND METHOD FOR MANUFACTURING SEAMLESS CAN BODIES
(FR) GABARIT D'USINAGE, PROCÉDÉ D'USINAGE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CORPS DE BOÎTE SANS SOUDURE
(JA) 機械加工用治具及び機械加工方法、並びにシームレス缶体の製造方法
要約
(EN)
Provided is a machining jig on which a carbon membrane (3) is formed on the machining face of a rigid substrate (1), and that is characterized in that the carbon membrane (3) shows a Raman spectroscopy spectrum with an intensity ratio, as expressed by the formula ID/IG (wherein ID is the maximum peak intensity at 1333 ± 10 cm-1 in the Raman spectroscopy spectrum of the carbon membrane surface, and IG is the maximum peak intensity at 1500 ± 100 cm-1 in the Raman spectroscopy spectrum of the carbon membrane surface), exceeding 0.6. Also provided is a method for manufacturing seamless can bodies that is characterized by including a step of using a mold machining member, on which a diamond membrane is formed on the machining surface, to press machine a metal material onto the machining surface of the mold machining member with coolant being interspersed therebetween.
(FR)
L'invention concerne un gabarit d'usinage, une membrane de carbone (3) étant formée sur la face d'usinage d'un substrat rigide (1), et le gabarit d'usinage étant caractérisé en ce que la membrane de carbone (3) présente un spectre de spectroscopie Raman doté d'un rapport d'intensité, tel qu'exprimé par la formule ID/IG (ID étant l'intensité maximale de pic à 1333 ± 10 cm-1 dans le spectre de spectroscopie Raman de la surface de la membrane de carbone, et IG étant l'intensité maximale de pic à 1500 ± 100 cm-1 dans le spectre de spectroscopie Raman de la surface de la membrane de carbone) dépassant 0,6. L'invention concerne également un procédé de fabrication de corps de boîte sans soudure, qui est caractérisé en ce qu'il comprend une étape consistant à utiliser un élément d'usinage de moule, une membrane en diamant étant formée sur la surface d'usinage, en vue d'usiner à la presse un matériau métallique sur la surface d'usinage de l'élément d'usinage de moule, un agent de refroidissement étant intercalé entre ces derniers.
(JA)
剛性基材(1)の加工面に炭素膜(3)が形成されている機械加工用治具において、炭素膜(3)は、式:I/I(式中、Iは、前記炭素膜表面のラマン分光スペクトルにおける1333±10cm-1での最大ピーク強度であり、Iは、前記炭素膜表面のラマン分光スペクトルにおける1500±100cm-1での最大ピーク強度である)で表される強度比が0.6を超えるラマン分光スペクトルを示すことを特徴とする。またシームレス缶体の製造方法において、ダイヤモンド膜が加工表面に形成された成形加工部材を用い、クーラントが介在した状態で前記成形加工部材の加工表面で金属材をプレス加工する工程を含むことを特徴とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報