処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090340 - ガラスフリット、結晶化ガラス、結晶化ガラスの製造方法、固体電解質およびリチウムイオン二次電池

公開番号 WO/2020/090340
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/039025
国際出願日 02.10.2019
IPC
C03C 8/06 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
02フリット組成物,つまり粉末化または粉砕された形にあるもの
06ハロゲンを含むもの
C03B 32/02 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
32C03B25/00~C03B31/00のグループに分類されないガラス製品の熱後処理,例.結晶化,含有するガラスまたは他の不純物の除去
02熱的結晶化,例.ガラス体を,ガラスセラミック物品に結晶化するためのもの
C03C 8/08 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
02フリット組成物,つまり粉末化または粉砕された形にあるもの
08りんを含むもの
C03C 10/16 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
10失透ガラス―セラミックス,すなわち.ガラス相内に分散され,全組成の少なくとも50重量%を構成する結晶相をもつガラスセラミックス
16ハロゲン含有結晶質相
H01B 1/06 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Bケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06主として他の非金属物質からなるもの
H01M 10/056 2010.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
05非水電解質二次電池
056電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 目崎 雄也 MEZAKI Takeya
  • ▲萱▼▲場▼ 徳克 KAYABA Noriyoshi
  • 酒井 智弘 SAKAI Tomohiro
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-20524231.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLASS FRIT, CRYSTALLIZED GLASS, METHOD FOR PRODUCING CRYSTALLIZED GLASS, SOLID ELECTROLYTE, AND LITHIUM ION SECONDARY BATTERY
(FR) FRITTE DE VERRE, VERRE CRISTALLISÉ, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE VERRE CRISTALLISÉ, ÉLECTROLYTE SOLIDE ET BATTERIE SECONDAIRE AU LITHIUM-ION
(JA) ガラスフリット、結晶化ガラス、結晶化ガラスの製造方法、固体電解質およびリチウムイオン二次電池
要約
(EN)
Provided are: a glass frit which is safe, has high ionic conductivity, for example, sufficiently practical ionic conductivity for in-vehicle use, and is capable of forming a solid electrolyte having excellent conformity to electrode surfaces; a crystallized glass; and a method for producing the crystallized glass. The glass frit is made of a glass containing: Li; at least one selected from the group consisting of B, Si, P, Ge, and Te; O; and at least one selected from the group consisting of F, Cl, Br, and I, and is characterized in that a crystal phase precipitates in the glass subjected to a heat treatment at a temperature of the glass transition point to the glass crystallization point to form a crystallized glass composed of the crystal phase and an amorphous phase, and the crystallized glass exhibits diffraction peaks at 2θ=22.8±0.5°, 2θ=32.1±0.5°, and 2θ=39.6±0.5° in a powder X-ray diffraction pattern obtained using Cu-Kα radiation.
(FR)
L'invention concerne : une fritte de verre sûre, présentant une conductivité ionique élevée, par exemple, une conductivité ionique suffisamment pratique pour une utilisation embarquée dans un véhicule, et apte à former un électrolyte solide doté d'une excellente conformité aux surfaces d'électrode ; un verre cristallisé ; et un procédé de production de ce verre cristallisé. La fritte de verre selon l'invention est constituée d'un verre contenant : Li ; au moins un élément sélectionné dans le groupe constitué par B, Si, P, Ge et Te ; O ; et au moins un élément sélectionné dans le groupe constitué par F, Cl, Br et I, et se caractérisant en ce qu'une phase cristalline précipite dans le verre soumis à un traitement thermique à une température allant du point de transition vitreuse au point de cristallisation du verre pour former un verre cristallisé composé de la phase cristalline et d'une phase amorphe, et le verre cristallisé présente des pics de diffraction à 2θ = 22,8 ± 0,5°, 2θ = 32,1 ± 0,5° et 2θ = 39,6 ± 0,5°, dans un motif de diffraction des rayons X sur poudre obtenu au moyen d'un rayonnement Cu-Kα.
(JA)
安全であり、イオン伝導度が高く、例えば、車載用としても十分実用的なイオン伝導度が得られ、かつ、電極面への追従性に優れる固体電解質を形成可能なガラスフリット、結晶化ガラス、および該結晶化ガラスの製造方法の提供。Liと、B、Si、P、GeおよびTeからなる群より選ばれる少なくとも1種と、Oと、F、Cl、BrおよびIからなる群より選ばれる少なくとも1種と、を含有するガラスからなるガラスフリットであって、前記ガラスは、ガラス転移点以上ガラス結晶化点以下の温度の熱処理により結晶相が析出して非晶質相と結晶相からなる結晶化ガラスとなるガラスであり、前記結晶化ガラスは、Cu-Kα線を用いた粉末X線回折パターンにおいて、2θ=22.8±0.5°、2θ=32.1±0.5°および2θ=39.6±0.5°に回折ピークを示すことを特徴とするガラスフリット。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報