処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090277 - モータビルトイン方式のスピンドル装置

公開番号 WO/2020/090277
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/036849
国際出願日 19.09.2019
IPC
B23B 19/02 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
19主軸台;どのような工作機械についてもその同等な部分
02加工主軸;それに関連した構成,例.支持構造
B23Q 11/00 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Q工作機械の細部;構成部分,または付属装置,例.倣いまたは制御装置;特定の細部または構成部分の構造により特徴づけられる工作機械一般;特定の結果を目的としない金属加工機械の組合わせ
11工具または機械の部分を良い作業状態に維持するためまたは工作物を冷却するために工作機械に取りつけた付属装置;特に工作機械に配備または組合せてもしくは工作機械と共に使用するために付け加えられる安全装置
B24B 41/04 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
41フレーム,ベッド,往復台,主軸台,などの研削機械または装置の構成部分
04主軸台;主軸;それに関する特徴
B24B 47/12 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
47研削機械または装置の駆動装置または伝動装置;そのための装置
10砥石車または工作物を保持する加工スピンドルを回転または往復動するためのもの
12機械的伝動機構または電気的駆動機構によるもの
B24B 55/06 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
55研削または研磨機械の安全装置;工具または機械の部品を良い稼動条件に維持するために研削または研磨機械に取り付けられた付属装置
06研削または研磨機械の除塵装置
F16C 33/80 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
72密封装置
76玉軸受またはころ軸受の密封装置
80ラビリンスシール
出願人
  • 日本精工株式会社 NSK LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 松永 恭平 MATSUNAGA Kyohei
  • 小栗 翔一郎 OGURI Shoichiro
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-20565231.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SPINDLE DEVICE HAVING BUILT-IN MOTOR
(FR) DISPOSITIF DE BROCHE COMPORTANT UN MOTEUR INTÉGRÉ
(JA) モータビルトイン方式のスピンドル装置
要約
(EN)
A spindle device (10) having a built-in motor, wherein a flinger (40) is fixed to one end side of a rotating shaft (11) and a labyrinth seal (44) is formed between the flinger (40) and a housing H. The housing H has: at least one air purge hole (72) that connects to outside the spindle device (10); and an annular groove (71) into which the air purge hole (72) opens and which faces the labyrinth seal (44). As a result, water-resistance performance can be improved, high-temperature air from heat generated by the motor can be prevented from passing through front bearings, and premature damage to bearings can be prevented.
(FR)
L'invention concerne un dispositif de broche (10) comportant un moteur intégré, un déflecteur (40) étant fixé à un côté d'extrémité d'un arbre tournant (11) et un joint à labyrinthe (44) étant formé entre le déflecteur (40) et un boîtier H. Le boîtier H comprend : au moins un trou de purge d'air (72) qui se raccorde à l'extérieur du dispositif de broche (10) ; et une rainure annulaire (71) dans laquelle s'ouvre le trou de purge d'air (72) et qui fait face au joint à labyrinthe (44). Par conséquent, les performances de résistance à l'eau peuvent être améliorées, l'air à haute température provenant de la chaleur générée par le moteur peut être empêché de passer à travers des paliers avant, et un endommagement prématuré des paliers peut être empêché.
(JA)
モータビルトイン方式のスピンドル装置(10)において、回転軸(11)の一端側にフリンガー(40)を固定して、ハウジングHとの間でラビリンスシール(44)を形成する。ハウジングHは、スピンドル装置(10)の外部とを連通する少なくとも1つのエアパージ孔(72)と、該エアパージ孔(72)が開口し、ラビリンスシール(44)に臨む環状溝(71)と、を有する。これにより、防水性能の向上を図ると共に、モータの発熱による高温空気が前側軸受を通ることを抑制して、軸受の早期損傷を防止することができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報