処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090211 - カチオン性人工オリゴ糖による二重鎖RNAの安定化

公開番号 WO/2020/090211
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/034105
国際出願日 30.08.2019
IPC
C12N 15/11 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
A61K 31/7088 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31有機活性成分を含有する医薬品製剤
70炭水化物;糖;その誘導体
70883個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
A61K 48/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
C07H 5/06 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
H糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
5酸素に対する異種結合がハロゲン,窒素,硫黄,セレンまたはテルルに対する異種結合の同数個で置き換えられた糖類基を含有する化合物
04窒素
06アミノ糖
C07H 21/02 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
H糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
21ヌクレオシドの糖類基が結合しているリン酸またはポリリン酸エステルを,それぞれ別々に有する2個以上のモノヌクレオチド単位を含有する化合物,例.核酸
02糖類基としてリボシルを有するもの
C12N 15/113 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113遺伝子の発現を調節する非コード核酸,例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
出願人
  • 公益財団法人東京都医学総合研究所 TOKYO METROPOLITAN INSTITUTE OF MEDICAL SCIENCE [JP]/[JP]
  • 学校法人東京理科大学 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE [JP]/[JP]
発明者
  • 芝崎 太 SHIBASAKI, Futoshi
  • 入江 敦 IRIE, Atsushi
  • 和田 猛 WADA, Takeshi
  • 原 倫太朗 HARA, Rintaro
  • 佐藤 一樹 SATO, Kazuki
代理人
  • 奥山 尚一 OKUYAMA, Shoichi
  • 松島 鉄男 MATSUSHIMA, Tetsuo
  • 中村 綾子 NAKAMURA, Ayako
  • 森本 聡二 MORIMOTO, Toshiji
優先権情報
2018-20417230.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) STABILIZATION OF DOUBLE-STRANDED RNA BY CATIONIC ARTIFICIAL OLIGOSACCHARIDE
(FR) STABILISATION D'ARN DOUBLE BRIN PAR UN OLIGOSACCHARIDE ARTIFICIEL CATIONIQUE
(JA) カチオン性人工オリゴ糖による二重鎖RNAの安定化
要約
(EN)
Provided is a method of adjusting the stability of double-stranded RNA, the method comprising (1) a step of introducing a modification into the backbone of double-stranded RNA; and (2) a step of bringing the double-stranded RNA provided by step (1) into contact with a cationic oligosaccharide, e.g., 2,6-diamino-2,6-dideoxy-β-(1→4)-D-galactopyranose tetramer. Also provided is a nucleic acid composition comprising a complex between backbone-modified double-stranded RNA and a cationic oligosaccharide, e.g., 2,6-diamino-2,6-dideoxy-β-(1→4)-D-galactopyranose tetramer, wherein the nucleic acid composition has a pharmaceutical activity equivalent to unmodified double-stranded RNA and has a serum half-life that is at least five times longer than that of the unmodified double-stranded RNA.
(FR)
L'invention concerne un procédé d'ajustement de la stabilité d'ARN double brin, le procédé comprenant (1) une étape d'introduction d'une modification dans l'ossature d'ARN double brin; et (2) une étape de mise en contact de l'ARN double brin fourni par l'étape (1) avec un oligosaccharide cationique, par exemple un tétramère de 2,6-diamino-2,6-didésoxy-beta-(1 → 4)-D-galactopyranose. L'invention concerne en outre une composition d'acide nucléique comprenant un complexe entre un ARN double brin à ossature modifiée et un oligosaccharide cationique, par exemple 2,6-diamino-2,6-didésoxy-beta-(1 →4)-D-galactopyranose, la composition d'acide nucléique ayant une activité pharmaceutique équivalente à l'ARN double brin non modifié et ayant une demi-vie sérique étant au moins cinq fois plus longue que celle de l'ARN double brin non modifié.
(JA)
(1)二重鎖RNAの骨格に修飾を導入するステップと、(2)ステップ(1)により得られた二重鎖RNAと、2,6-ジアミノ-2,6-ジデオキシ-β-(1→4)-D-ガラクトピラノーステトラマーなどのカチオン性オリゴ糖とを接触させるステップとを含む、二重鎖RNAの安定性を調節する方法を提供する。また、骨格に修飾が導入された二重鎖RNAと、2,6-ジアミノ-2,6-ジデオキシ-β-(1→4)-D-ガラクトピラノーステトラマーなどのカチオン性オリゴ糖との複合体を含んでなる核酸組成物であって、未修飾の二重鎖RNAと同等の薬学的活性を有し、かつ、未修飾の二重鎖RNAと比較して5倍以上長い血清半減期を有する、核酸組成物を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報