処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090180 - 密封装置

公開番号 WO/2020/090180
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/030749
国際出願日 05.08.2019
IPC
F16J 15/3204 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Jピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15密封装置
16相対的に運動している表面間のもの
32弾性密封装置をもつもの,例.Oリング
3204少なくとも1つのリップをもつもの
F02M 26/11 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
26燃焼用空気,主燃料または燃料-空気混合気に排気ガスを加えるための機関に関連する装置,例.排気ガス再循環システム
11EGRシステムの製造または組立て;EGRシステムに特に適した材料またはコーティング
F02M 26/70 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
26燃焼用空気,主燃料または燃料-空気混合気に排気ガスを加えるための機関に関連する装置,例.排気ガス再循環システム
65EGR弁の構造的な詳細
70フラップ弁;ロータリ弁;スライド弁;弾性弁
F16J 15/3212 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Jピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15密封装置
16相対的に運動している表面間のもの
32弾性密封装置をもつもの,例.Oリング
3204少なくとも1つのリップをもつもの
3208張力要素をもつもの,例.弾性リング
3212金属バネをもつもの
F16J 15/3224 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Jピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15密封装置
16相対的に運動している表面間のもの
32弾性密封装置をもつもの,例.Oリング
3204少なくとも1つのリップをもつもの
3224表面間の距離の変動または配置のずれを調節できるもの,例.偏心または角度のずれの欠陥を補償できるもの
F16J 15/3228 2016.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Jピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15密封装置
16相対的に運動している表面間のもの
32弾性密封装置をもつもの,例.Oリング
3204少なくとも1つのリップをもつもの
3228平坦なリングを変形することにより形成するもの
出願人
  • NOK株式会社 NOK CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 江口 信行 EGUCHI,Nobuyuki
代理人
  • 特許業務法人秀和特許事務所 IP FIRM SHUWA
優先権情報
2018-20281929.10.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SEALING DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ÉTANCHÉITÉ
(JA) 密封装置
要約
(EN)
Provided is a sealing device in which the eccentricity of a rotating shaft can be prevented without providing a bearing separately from the sealing device. This sealing device is provided with: a metal ring 110 having a circular cylindrical section 111 and an inward facing flange section 112 which is provided at an end of the circular cylinder section 111; a resin seal 120 which is configured from a plate-shaped annular resin member, has an outer peripheral side affixed to the metal ring 110, and has an inner peripheral side in close slidable contact with the outer peripheral surface of a rotating shaft while being deformed so as to be bent toward a region to be sealed; a plate spring 130 which is configured from a plate-shaped annular metal member, has an outer peripheral side affixed to the metal ring 110, has an inner peripheral side deformed so as to be bent along the resin seal 120, and presses radially inward the inner peripheral side of the resin seal 120; and a metal slide bearing 140 sandwiched between the resin seal 120 and the inward facing flange section 112 and provided so as to be slidable on the outer peripheral surface of the rotating shaft.
(FR)
L'invention concerne un dispositif d'étanchéité permettant d'empêcher l'excentricité d'un arbre rotatif sans fournir un palier séparément du dispositif d'étanchéité. Le dispositif d'étanchéité comprend : une bague métallique (110) comportant une section cylindrique circulaire (111) et une section de bride tournée vers l'intérieur (112) qui est disposée à une extrémité de la section cylindrique circulaire (111) ; un joint en résine qui est conçu à partir d'un élément en résine annulaire en forme de plaque, comporte un côté périphérique externe fixé à la bague métallique (110) et possède un côté périphérique interne en contact coulissant étroit avec la surface périphérique externe d'un arbre rotatif tout en étant déformé de façon à être courbé vers une région à étanchéifier ; un ressort à lames (130) qui est conçu à partir d'un élément métallique annulaire en forme de plaque, comporte un côté périphérique externe fixé à la bague métallique (110), possède un côté périphérique interne déformé de façon à être plié le long du joint en résine (120), et qui presse radialement vers l'intérieur le côté périphérique interne du joint en résine (120) ; et un palier lisse métallique (140) pris en sandwich entre le joint en résine (120) et la section de bride tournée vers l'intérieur (112) et disposé de façon à pouvoir coulisser sur la surface périphérique externe de l'arbre rotatif.
(JA)
密封装置とは別に軸受を設けることなく、回転軸の偏心を抑制可能とする密封装置を提供する。 円筒部111と、円筒部111の端部に設けられる内向きフランジ部112とを有する金属環110と、板状かつ環状の樹脂部材により構成され、外周側が金属環110に固定されて、内周側が密封対象領域側に向かって湾曲するように変形した状態で回転軸の外周面に摺動自在に密着する樹脂製シール120と、板状かつ環状の金属部材により構成され、外周側が金属環110に固定されて、内周側が樹脂製シール120に沿って湾曲するように変形し、樹脂製シール120の内周側を径方向内側に向かって押圧する板バネ130と、樹脂製シール120と内向きフランジ部112との間に挟み込まれ、かつ、前記回転軸の外周面に摺動自在に設けられる金属製のすべり軸受140と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報