処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090169 - 回転機械の翼の制振装置及びこれを備えた回転機械

公開番号 WO/2020/090169
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/029259
国際出願日 25.07.2019
IPC
F01D 25/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
25他のグループに分類されない構成部品,細部または付属品
04防振装置
06ブレードの振動防止
F01D 5/16 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
5ブレード;ブレード支持部材;ブレード等に装着した加熱,断熱,冷却または振動防止手段
12ブレード
14形状または構造
16ブレードの防振対策用
F04D 29/34 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
29細部,構成部材または付属品(機械要素一般F16)
26圧縮性流体に特に適したロータ
32軸流ポンプのためのもの
34羽根取り付け具
F04D 29/66 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D非容積形ポンプ
29細部,構成部材または付属品(機械要素一般F16)
66キャビテーション,うず,騒音,振動または類似のものを防止するもの;調節
F16F 15/14 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Fばね;緩衝装置;振動減衰手段
15機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
10機構とともに運動する部材を用いることによる回転機構の振動防止
14機構とともに回転し自由振動する部材を用いるもの
F16F 15/16 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Fばね;緩衝装置;振動減衰手段
15機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
10機構とともに運動する部材を用いることによる回転機構の振動防止
16流体を用いるもの
出願人
  • 三菱重工航空エンジン株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES AERO ENGINES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 渡邉 敏生 WATANABE, Toshio
  • 秋元 健太郎 AKIMOTO, Kentaro
代理人
  • 誠真IP特許業務法人 SEISHIN IP PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2018-20623901.11.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) VIBRATION DAMPING DEVICE FOR BLADE OF ROTARY MACHINE, AND ROTARY MACHINE WITH SAME
(FR) DISPOSITIF D'AMORTISSEMENT DE VIBRATIONS POUR LAME DE MACHINE ROTATIVE, ET MACHINE ROTATIVE ÉQUIPÉE DE CELUI-CI
(JA) 回転機械の翼の制振装置及びこれを備えた回転機械
要約
(EN)
A vibration damping device for a blade of a rotary machine according to an embodiment of the present invention is provided with: one or more housings configured so that the housings can be housed in a cavity formed below the platform of the blade and so that the housings are mountable to and removable from the blade; and damping materials provided in vibration damping spaces formed in the housings.
(FR)
Un mode de réalisation de la présente invention concerne un dispositif d'amortissement de vibrations pour une lame d'une machine rotative comprenant : un ou plusieurs boîtiers conçus de telle sorte que les boîtiers peuvent être logés dans une cavité formée au-dessous de la plateforme de la lame et de sorte que les boîtiers peuvent être montés sur la lame et retirés de celle-ci ; et des matériaux d'amortissement disposés dans des espaces d'amortissement de vibrations formés dans les boîtiers.
(JA)
一実施形態に係る制振装置は、回転機械の翼の制振装置であって、前記翼のプラットフォームの下方に形成された空洞に収容可能、かつ、前記翼に対して着脱可能に構成された1以上の筐体と、前記筐体の内部に形成される制振空間に設けられた減衰材と、を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報