処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090103 - 溶射被膜

公開番号 WO/2020/090103
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/040790
国際出願日 02.11.2018
予備審査請求日 12.03.2019
IPC
C23C 4/08 2016.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
4溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
04被覆材料に特徴のあるもの
06金属質材料
08金属元素のみを含むもの
C22C 38/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C22C 38/18 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
C22C 38/48 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
40ニッケルを共に含有するもの
48ニオブまたはタンタルを含有するもの
出願人
  • 日産自動車株式会社 NISSAN MOTOR CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 樋口 毅 HIGUCHI, Tsuyoshi
  • 平山 勇人 HIRAYAMA, Hayato
  • 田井中 直也 TAINAKA, Naoya
代理人
  • 的場 基憲 MATOBA, Motonori
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) THERMAL SPRAY COATING
(FR) FILM DE REVÊTEMENT PULVÉRISÉ
(JA) 溶射被膜
要約
(EN)
This coating is formed on a cylinder bore inner circumferential surface of an aluminum or aluminum alloy cylinder block, and is a coating of an iron alloy having iron (Fe) as the primary component thereof and including 8mass% or more of chromium (Cr) and 12% or less by Ni equivalent of austenite phase-stabilizing elements. The present invention can also provide a coating wherein the percentage of austenite phase present within the crystal structure of the coating is more than 0% and less than or equal to 20%, and the coating demonstrates superior adhesion to the cylinder bore, in spite of demonstrating superior corrosion resistance by having a high concentration of chromium.
(FR)
L’invention concerne un film de revêtement qui est formé sur la face périphérique interne d’un alésage de cylindre d’un bloc cylindres en aluminium ou en alliage d'aluminium. Plus précisément, l’invention concerne un film de revêtement en alliage à base de fer qui est principalement constitué de fer (Fe), et qui comprend 8% en masse ou plus d’un chrome (Cr) et 12% ou moins en équivalent Ni d’un élément de stabilisation de phase austénite. Ainsi, il est possible de fournir un film de revêtement qui présente une structure cristalline telle que le taux de présence de phase austénite est supérieur à 0 et est inférieur ou égal à 20%, et qui se révèle excellent en termes d’adhérence à l’alésage de cylindre malgré une concentration élevée en chrome et une excellente résistance à la corrosion.
(JA)
本発明の被膜は、アルミニウムあるいはアルミニウム合金製のシリンダブロックのシリンダボア内周面に形成された被膜であり、鉄(Fe)を主成分とし、クロム(Cr)を8質量%以上、オーステナイト相安定化元素をNi当量で12%以下含有する鉄系合金の被膜である。 そして、被膜の結晶構造がオーステナイト相の存在比率が0を超え20%以下であり、クロム濃度が高濃度で耐食性が優れるにも拘らずシリンダボアとの密着性に優れる被膜を提供できる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報