処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

Goto Application

1. WO2020090016 - 有機化合物の製造方法およびコリネ型細菌

公開番号 WO/2020/090016
公開日 07.05.2020
国際出願番号 PCT/JP2018/040415
国際出願日 30.10.2018
IPC
C12N 15/60 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
60付加酵素(4)
C12N 9/88 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
88付加酵素(4.)
C12P 7/18 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
02水酸基を有するもの
04非環式のもの
18多価アルコール
C12P 7/42 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
42ヒドロキシカルボン酸
C12P 7/50 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7酸素原子を含む有機化合物の製造
40カルボキシル基を含むもの
44ポリカルボン酸
50ケト基をもつもの,例.2―ケトグルタル酸
C12P 11/00 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
11硫黄原子を含む有機化合物の製造
出願人
  • Green Earth Institute 株式会社 GREEN EARTH INSTITUTE CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 山本 啓介 YAMAMOTO, Keisuke
  • 土坂 享成 TSUCHISAKA, Atsunari
  • 中根 修平 NAKANE, Shuhei
  • 中屋敷 徹 NAKAYASHIKI, Toru
代理人
  • 蔵田 昌俊 KURATA, Masatoshi
  • 野河 信久 NOGAWA, Nobuhisa
  • 河野 直樹 KOHNO, Naoki
  • 井上 正 INOUE, Tadashi
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING ORGANIC COMPOUND AND CORYNEFORM BACTERIUM
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ ORGANIQUE ET BACTÉRIE CORYNÉFORME
(JA) 有機化合物の製造方法およびコリネ型細菌
要約
(EN)
A method for producing an α-keto acid, said method comprising a step of culturing a microorganism, which contains a gene encoding an enzyme catalyzing an aldol reaction between pyruvic acid and a carbonyl compound, in the presence of a pyruvic acid-supplying compound selected from pyruvic acid and a saccharide and a carbonyl compound selected from an aldehyde and a ketone to thereby produce the α-keto acid.
(FR)
L'invention concerne un procédé de production d'un α-céto-acide, ledit procédé comprenant une étape de culture d'un micro-organisme, qui contient un gène codant pour une enzyme catalysant une réaction aldolique entre l'acide pyruvique et un composé carbonyle, en présence d'un composé fournissant de l'acide pyruvique choisi parmi l'acide pyruvique et un saccharide et un composé carbonyle choisi parmi un aldéhyde et une cétone pour ainsi produire l'α-céto-acide.
(JA)
α-ケト酸の製造方法は、ピルビン酸とカルボニル化合物とのアルドール反応を触媒する酵素をコードする遺伝子を含む微生物を、ピルビン酸および糖類から選ばれるピルビン酸供給化合物と、アルデヒドおよびケトンから選ばれるカルボニル化合物との存在下で培養してα-ケト酸を生産する工程を含む。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報